不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


火災に注意!差込みプラグ、トラッキング

先日葉原で「消防設備士」免許の更新講習会に参加してきた。
5年に1度の義務講習。この年になると9時から17時まで座学を受けるのは結構キツイ。最後に効果測定(試験)があるので、ぼーっと聞いているわけにはいかないのである。

講習テキストは全652ページ。とっても分厚い(2.5cm)

講習テキスト

 

「第3章 火災の実態」の講義の中で、専門家にはよく知られているが、一般の人には必ずしも知られていない情報がわざわざパワーポイントで紹介されていた。差込みプラグ等による火災とトラッキング現象による火災である。

せっかくなので、東京消防庁「広報テーマ(2021年6月号)」に掲載されていた情報をピックアップしておいた。


もくじ

差込みプラグ等による火災

差込みプラグを長年差し込んだままにしておいて、接触不良が発生すると、出火する可能性がある。

壁付コンセントに延長コードの差込みプラグや電気機器の電源プラグを差し込んだまま長年使用し続け、接触不良が発生すると、電気製品を使用時に発生する熱やコンセント内部の接続部の緩みによる熱が増大し出火する可能性があります。コンセントやプラグに焦げを発見したら、通報しましょう

コンセント、差込みプラグ等による火災
出所:東京消防庁「広報テーマ(2021年6月号)」

トラッキング現象による火災

プラグの差し刃間に付着した綿埃などが原因で発火するトラッキング現象。定期的な点検・清掃が重要。

トラッキング現象とは、コンセントに差し込んだプラグの差し刃間に付着した綿埃等が湿気を帯びて微小なスパークを繰り返し、やがて差し刃間に電気回路が形成され出火する現象を言います(図1・写真3参照)。

トラッキング現象による火災は、隠れた部分で発生することから、発見が遅れて思わぬ被害に繋がる場合があります。

トラッキング現象による火災を防ぐため、差込みプラグは、使用時以外はコンセントから抜くようにしましょう。長時間差したままのプラグ等は、定期的に点検し、乾いた布等で清掃し、発熱等の異常がある場合は、交換しましょう。

特に、埃や湿気の多い環境で使われているものや、家具等の陰に隠れているものには、注意しましょう。

トラッキング図解

トラッキング(再現)
出所:東京消防庁「広報テーマ(2021年6月号)」

 

わが家では、トラッキング防止のために、プラグカバーを付けている。

Amazonで8個入980円

あわせて読みたい

5年前に受講した時の記事。

テキストは今回よりも厚かった!

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.