不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|都議会「21年第1回定例会」質疑応答

都議会の「21年第1回定例会」本会議の代表質問(2月24日)で中村ひろし(立憲民主党)から、羽田新ルートに係る質疑応答があった。

録画映像議事録(速報版)をもとに、全文テキスト化(約1400文字)しておいた。

※追記21年5月3日(2月25日:伊藤こういち議員、公明党)


質疑応答のポイント

中村ひろし 議員(立民)

中村ひろし(立憲民主党)
中村ひろし議員(立憲民主党、都議3期、一橋大学法学部卒、三鷹市議会議員2期、49歳)

中村:国に対して、見直しを図るよう求めていくべき

羽田空港の新飛行ルートについては、昨年12月3日、東京選出の国会議員によって「羽田低空飛行見直しのための議員連盟」が発足していますが、国土交通省においてもこの間、「固定化回避に係る技術的方策の検討」が進められているところです。

そこで私は都としても、国に対して固定化を避けるための取り組みを早急かつ具体的に進め、見直しを図るよう求めていくべきと考えますが、見解を伺います。

都技監:丁寧な情報提供と騒音・安全対策の着実な実施を求めてまいります

東京都技監(千葉大院卒、86年入都 )
東京都技監(千葉大院卒、86年入都 )

羽田空港の新飛行経路についてのご質問にお答えをいたします。
将来にわたって東京が国際競争力を持って持続的な発展を続けていくためには国内外に豊富なネットワークを有する羽田空港の機能強化を図ることが不可欠でございます。

国におきましては昨年、地元区の意見等を踏まえ、「羽田新経路の固定化回避に係る技術的な方策」につきまして、現在の滑走路の使い方を前提として多角的に検討する会を設置し、検討が進められております。

都と致しましては、騒音軽減や技術的な観点から適切に検討が進められるものと受け止めております。

引き続き国に対しまして、都民の理解がさらに深まるよう、丁寧な情報提供と騒音・安全対策の着実な実施を求めてまいります

伊藤こういち 議員(公明)

伊藤こういち 議員
伊藤こういち議員(公明党、都議4期、関東短期大学卒、元品川区役所児童課主査、60歳)

伊藤:新飛行ルートの固定化は断じて避けるべき

次に、羽田空港に関連して質問します。
羽田空港の機能強化のため設定された新飛行ルートの本格運用から間もなく1年になります。新飛行ルートは、私の地1品川区の人口密集地域の上空を旅客機が高度300メーター前後の低空で、1時間に44便が通過します。

しかし、騒音や、先日アメリカで発生した飛行機のエンジン部品の落下のように、落下物が大変に危惧されていることから、私は繰り返し、新飛行ルートの固定化は断じて避けるべきと求めてきました

 また、世界中が新型コロナウイルスの影響を受け、国際線、国内線ともに大幅に減便されていることから、私は昨年の緊急事態宣言に入る前の3月に、国交省航空局長に直接、新飛行ルートは避けてほしいと要望しました。

さらに、昨年5月28日には、赤羽国交大臣に直接会い、新飛行ルートの再考及び固定化を避ける取り組みを早急かつ具体的に検討するよう強く求めました

こうした動きに連動して、公明党の岡本3成衆議院議員が、国土交通委員会で品川の要望を取り上げ、国交大臣からは、新経路の固定化を回避するための方策を早急に検討するため、有識者及び専門家による検討会を立ち上げるとの表明があり、既に2回の検討会が開かれました。
そこで、この検討状況について、都が国から受けている報告内容を明らかにしていただきたい。また、この検討会について、都の認識を伺います。

都技監:丁寧な情報提供と騒音、安全対策の着実な実施を求めてまいります

まず、羽田空港の新飛行経路についてでございます。
将来にわたって東京が国際競争力を持って持続的な発展を続けていくためには、国内外に豊富なネットワークを有する羽田空港の機能強化を図ることが不可欠でございます。

国は、地元区の意見等を踏まえ、昨年、羽田新経路の固定化回避に係る技術的な方策につきまして、現在の滑走路の使い方を前提として、多角的に検討する会を設置いたしました。
 昨年末に技術的選択肢として12通りの飛行方式を洗い出し、今年度中に複数に絞り込み、羽田空港で運用可能かどうかの観点を含め、メリット、デメリットを整理するとしております。

都といたしましては、騒音軽減や技術的な観点から、羽田新経路の固定化を回避するための方策につきまして、適切に検討が進められるものと受けとめております

引き続き国に対し、都民の理解がさらに深まるよう、丁寧な情報提供と騒音、安全対策の着実な実施を求めてまいります

雑感

第1回定例会では共産党さえ羽田新ルート問題に言及していないのかとつぶやいたところ、中村ひろし先生から「3のまちづくりの項目で羽田については質問していますのでご確認ください」とのリツイートを頂戴した。

あらためて録画映像を確認したところ、少しだけ羽田新ルートに言及していた

ただ、事前の質問項目(下記)を見て「まちづくりについて」の中に羽田新ルートが含まれている分かる人はほとんどいないのではないか。

  1. 知事の基本姿勢について
  2. 新型コロナウイルス感染症対策について
  3. まちづくりについて
  4. 東京2020大会について
  5. ジェンダー平等について

中村ひろし先生のTwitterで事前にPRしていてもらえたならば、認識できたかもしれないが、これでは、都議会立憲民主党(5人)は羽田新ルート問題に積極的ではないと受け止められても仕方がないのではないか。

都議会立憲民主党の先生方には、羽田新ルート問題に係る今一層の発信力を期待したい。

※追記5月3日(伊藤こういち議員、公明党)

伊藤こういち議員の質問は、公明党としての代表質問ではなく、一般質問。

品川区選出都議としては、「私は繰り返し、新飛行ルートの固定化は断じて避けるべきと求めてきました」と踏み込んだ発言をせざるを得なかったのであろう。

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.