不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


2020年首都圏マンション市場予測|3万戸を割り込むか…

不動産経済研究所が12月19日、「首都圏マンション市場予測2020年」を発表。

19年の3.13万戸(見込み)に対して、20年は2.2%増の3.2万戸の見込み。都区部のタワー物件が年明けからけん引するという。

都区部のタワー物件が年明けからけん引、郊外でも注目の超大型が始動。

  • 都区部の駅近大規模複合開発が春から始動、郊外型でも注目の大型案件が順次登場。
  • 都区部は'19年比1.4%増の1万4,000戸、湾岸に加えて高輪新駅周辺への関心高まる。
  • 他では都下が15.4%増の3,000戸と大幅増。神奈川県7,500戸、千葉県も3,500戸に増加。

19年の3.13万戸(見込み)に対して、20年は2.2%増の3.2万戸という予測。なんだか、かなり無理くりの数字に見えてしまうのだが、 この予測はどの程度当たるのか?

不動産経済研究所が毎年発表している資料をひも解き可視化してみた(次図)。

過去14回、実績が予測を上回ったのは2回だけ。リーマンショックの影響から解放され新規取得案件が増えた10年と、消費増税前の駆け込みで増加した13年だ。それ以外の年は、常に実績が予測を下回っている。

新築マンション供給戸数(首都圏) 予測と実績

20年は3万戸を割り込むことはないのか……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.