不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


都内「だれでもトイレ」Googleマップ(写真付き)

都が3月29日に公開した「だれでもトイレ」のオープンデータを利用して、グーグルマップ(写真付き)を作成してみた。

都が「だれでもトイレ」のオープンデータ公開

東京都は3月29日、「だれでもトイレ」(バリアフリートイレ)のオープンデータを公開

都内の公共施設と鉄道施設の計4,111施設(6,553基)のバリアフリー情報(19年1月現在)として、以下の項目が公開されている。

  • 位置情報
    位置検索に必要な住所、緯度・経度など位置情報 位置検索に必要な住所、緯度・経度など
  • 設備情報
    車椅子が出入りできる出入口(有効幅80cm以上)、回転スペース、背もたれ、手すり、音声案内、視覚障害者誘導用ブロック、戸の形式、オストメイト用設備(温水)、大型ベッド、乳幼児用おむつ交換台、ベビーチェア、非常呼び出しボタン、利用可能時間など
  • 設備の様子
    3方向(入口、トイレ内、別角度)からの写真

※データの更新頻度は、「1年ごと(予定)」とされている。

「だれでもトイレ」Googleマップ

今回公開されたオープンデータのすごいのは、3方向の写真(入口、トイレ内、別角度)も含まれていること。

せっかくの有用データなので、グーグルマップに落としておいた(次図)。

青色は公共施設、赤色は鉄道施設のトイレ。

「だれでもトイレ」グーグルマップ
だれでもトイレ - Google マップ

 

ピンをクリックすると、大型ベッドや乳幼児用おむつ交換台、オストメイト用設備などの有無情報だけでなく、写真が閲覧できるリンクも表示される(次図)。

「だれでもトイレ」グーグルマップ(写真がリンクされている)

 

だれでもトイレ - Google マップへGO!

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.