不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

羽田新ルート|法の下の平等!? 教室型説明会がない区民

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港の国際線発着回数を増やすため、都心上空を飛行する羽田新ルート計画。

23区のうち13区の上空に羽田新ルート が設定されているのに、いまだ8つの区では教室型説明会が実施されていない(3月3日現在)。


もくじ

教室型説明会あり(5区)

23区内で教室型説明会の開催実績・予定のあるのは5区(品川・渋谷・江戸川・新宿・港区)。

詳しくは、以下記事を参照。

具体的な日程は、次表のとおり(3月3日現在)。

教室型説明会(開催実績・予定)
残り10区の教室型説明会は5・6月!?」より

教室型説明会未定(8区)

上空に羽田新ルート が設定されているのに、いまだ教室型説明会が予定されていない区は8つ(江東、目黒、大田、中野、豊島、北、板橋、練馬)。

なぜ、これら8つの区では教室型説明会が未だ予定されていなのか。各区議会での会派のバランスや区議の関心の度合いにも一因があるのではないだろうか。

法の下の平等!? 教室型説明会がない区民

羽田新ルートが通過する13区と教室型説明会の開催有無の関係を可視化したのが次図。

教室型説明会の有無
※図中の数値は騒音の影響を受ける可能性がある住民の割合
羽田新ルート|騒音影響を受ける区民100万人超」に加筆

いまだ教室型説明会が未定の8区のうち、騒音の影響を受ける可能性がある住民の割合が高いのは中野(53%)、練馬(30%)、板橋(30%)、豊島(15%)。これら4区は、既に教室型説明会が開催された江戸川区(6%)よりも、はるかに影響を受ける人の割合が高い。

少なくともこれら4区で教室型説明会が開催されないとなると、憲法14条1項が定める「法の下の平等」に反することになるのではないのか

日本国憲法 第14条1項
すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

いまだ教室型説明会が予定されていない8つの区の区議さん仕事としてますか?

審判の日(統一地方選挙4月21日)まであと2か月足らず……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.