不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


認可保育施設1次、落選率4割超(千代田、港、江東)

朝日新聞の調査によれば、主要自治体で認可保育施設の1次選考で4人に1人が落選したという。

特に、23区では上位3区の落選率が4割を超えるという凄まじい状況になっている。


もくじ

主要自治体 認可保育施設1次、4人に1人落選(朝日)

1次選考とはいえ、4人に1人が落選!

認可保育施設1次、4人に1人落選 主要自治体で6万人

今年4月の入園に向けて認可保育施設に申し込んで1次選考に落選した子どもが、57自治体で計6万人を超えたことが朝日新聞の調査で分かった。申込者に占める落選者の割合(落選率)は約26%。4人に1人が落ちた計算になる。(以下略)

(朝日新聞 4月1日)

3区(千代田、港、江東)の落選率は4割超え

朝日新聞デジタル(4月1日)には、『各地の認可保育施設の落選率(1次選考)』として、23区のうち回答が得られなかった台東区と中野区を除く21区の「落選率」「申込者数」「内定者数」のデータが掲載されている。

そこで落選率の高い順に描いたのが次図。

上位3区(千代田、港、江東)の落選率は4割を超えている!

落選者数(=申込者数×落選率)が2千人を超えているのは世田谷区と江東区。

23区の認可保育施設の落選率(1次選考)

葛飾区や荒川区、豊島区や北区は穴場であることが分かる。

江東区の待機児童対策

タワマン群立で待機児童対策が喫緊の課題となっている江東区では、昨年4月に「江東区待機児童解消緊急対策本部設置要綱」を定め、区を上げて待機児童の解消に取り組んでいる。

待機児童向け居宅訪問型保育事業

認可保育園等の入園が待機となった0歳児から2歳児を対象に、利用者の自宅に保育者(交代制)が訪問し1対1で保育を行う事業。

「定員 10名」と記されているので、こちらも抽選か……。

不動産マッチングサポート事業

区が保育所運営を希望する業者に物件情報を提供する事業。

区が土地を買い上げたり、借り上げたりするわけではない。ただし、固定資産税・都市計画税が5年度分10割減免される。

あわせて読みたい

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.