不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

KYB免震・制振データ改ざん|1102件に拡大、住宅が最多

KYBは12月19日、不適切な改ざん行為が新たに確認されたと発表。

今回KYB社が発表した「不適切行為(追加事象)」について、国交省HPのトップページの新着情報には掲載されていないのだが……。


もくじ

KYBデータ改ざん、新たに確認(朝日記事)

11月15日に新たな不正の疑いが浮上したとして調査していた結果が昨日(12月19日)発表された。これまで発表されていた964件から1102件に拡大。

KYBデータ改ざん、新たに確認 不適合1100件超に

油圧機器大手「KYB」(東京)による免震・制振用オイルダンパーの検査データ改ざん問題で、同社は19日、不適切な改ざん行為が新たに確認されたと発表した。

これまで判明している手口とは別の方法。今回の不正発覚で、国などの基準に適合しない物件は、疑いを含めると、1102件に上った。(以下略)

(朝日新聞デジタル 12月19日)

追加件数138件、住宅が最多(47件)

今回あらたに追加発表された物件の内訳はどうなっているのか?

KYB社が12月19日に発表した「当社及び当社の子会社が製造した建築物用免震・制振用オイルダンパー検査工程における不適切行為(追加事象)について」をひも解いてみた。

同発表資料には、免震用ダンパーと制振用ダンパーごとに、都道府県別の内訳と建物用途別の内訳件数が掲載されている。

そこで、建物用途別の件数を可視化したのが次図。

今回追加されたのは全部で138件(=1102件-964件)。なかでも住宅が47件(すべて免震)と最も多い

KYB免震・制振データ改ざん件数

国交省、免震データ改ざん事件鎮火中…

今回KYB社が発表した「・・・不適切行為(追加事象)」に関して、国交省HPのトップページの新着情報には掲載されていない。

ところが、国交省の「住宅・建築」ページの新着情報としては掲載されているのである(次図)。

特に住宅や建築に関心のある人でなければ、本件新着情報に気が付くことはない。

国交省の「住宅・建築」ページの新着情報
住宅・建築|国土交通省

なぜ、国交省はトップページの新着情報に本件を掲載しないのか?

国交省は3年前(15年2月9日)の東洋ゴムのときと同様、今回の免震・制振データ改ざん事件の鎮火を急いでいるのではないのだろうか。

Googleでどれだけ検索されているかを可視化すると(次図)、いったん燃え上がった火は、鎮火に向かっているようにも見える……。

KYB|Googleトレンド
KYB|Googleトレンド

あわせて読みたい(KYB免震・制振データ改ざん)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.