不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

三菱・プレサンは強気!? 18年度マンション供給計画

不動産経済研究所は7月26日、「全国住宅・マンション供給調査2019年版」を発表。

同発表資料の中に、「2017年度全国マンション供給ランキング上位10社と2018年度計画」の数値データが掲載されている

17年度の供給実績で5千戸を超えたのは、住友・野村の2社。


もくじ

2017年度全国マンション供給ランキングTOP10

  • [会社名]17年度実績/18年度計画(18年度/17年度)
  • 1位:住友不動産 5,865戸/5,800戸(-1.1%)
  • 1位:野村不動産 5,865戸/5,400戸(-7.9%)
  • 3位:三菱地所R 3,938戸/4,200戸(6.7%
  • 4位:三井不動産R 3,700戸/3,250戸(-12.2%)
  • 5位:プレサンスC 3,380戸/3,939戸(16.5%

  • 6位:大京 2,340戸/2,700戸(15.4%)
  • 7位:京阪電鉄不動産 2,282戸/1,610戸(-29.4%)
  • 8位:大和ハウス工業 2,160戸/2,070戸(-4.2%)
  • 9位:あなぶき興産 1,800戸/2,000戸(11.1%)
  • 10位:タカラレーベン 1,619戸/1,700戸(5.0%)

三菱・プレサンは強気!? 18年度マンション供給計画

横軸に「17年度比増減率」、縦軸に「18年度計画戸数」に描いたのが次図。

18年度の供給計画戸数が多く、さらに17年度より増加を見込んでいる強気なデベロッパーは三菱地所レジデンスとプレサンスコーポレーションの2社。

逆に、供給戸数が少なく、17年度より減少を見込んでいる慎重なデベロッパーは、京阪電鉄不動産と大和ハウス工業の2社。

18年度供給計画(全国マンション)

住友と野村がともに1位の謎

冒頭の「2017年度全国マンション供給ランキングTOP10」で、お気づきだろうか?
住友と野村はどちらも5,865戸で1位という珍しい現象が起きているのである。

念のため両社のIR情報をひも解いてみたところ、驚きの事実が判明!

住友も野村も、5,865戸のなかには、マンションだけでなく、戸建ての戸数も含まれているのである(他の8社はマンションだけが計上されている)。

野村の5,865戸には戸建て607戸が含まれているので、マンションだけだと5,258戸。2位以上であることには変わりがない。

住友の5,865戸には戸建てが何戸含まれているのかは不明。決算短信だけでなく、決算補足資料や有価証券報告書、「事業報告」や「報告書(株主の皆様へ)」もひも解いてみたが、戸建ての戸数は掲載されていなかった。

住友の戸建て戸数が分かれば、住友と野村、どちらが1位なのか決着がつくのだが。いわゆる大人の事情というやつなのか……

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.