不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

3年連続4万戸を下回る!? 2018年首都圏新築マンション

不動産経済研究所は7月17日、「2018年上半期の首都圏マンション市場動向」を発表。

同発表資料には、下期の供給見込み戸数も掲載されている。

年間供給戸数は、3年連続の3万戸台になるという。

下半期は大型案件の新規発売で一段と増加幅が拡大、年間供給は3万8,000戸前後に。

  • (1)下半期(7~12月)の供給見込みは2万2,500戸。前年同期(2万1,168戸)では6.3%増。
  • (2)年間供給は約3.8万戸。2017年の3万5,898戸から5.9%増も、3年連続の3万戸台に。

そもそも、この下半期の予想はどの程度当たるのか?

同発表資料のなかに、今年下半期の月別供給見込み戸数も掲載されている。

不動産経済研究所が過去に発表している実績データと合わせて、下半期の予想と実績を可視化したのが次図。

多少の出入りはあるものの、下半期の予想精度は低くはなさそうだ(あくまでも見た目の感じだが)。

首都圏新築マンション(下半期の予想と実績)

3年連続で4万戸を下回る!?

年間ベースの予想と実績を可視化したのが次図。

2010年と消費税増税前の駆け込み需要があった2013年以外は、予測が実績を上回っている。 

ただ、2015年以降、両者のズレは小さい。

新築マンション供給戸数(首都圏) 予測と実績

 

首都圏新築マンション市場はこの先、3万8千戸前後で踏みとどまれるのか。

それとも縮小に向かうのか……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.