不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

墨田99%、葛飾98%浸水!巨大台風による高潮浸水想定

「平成30年7月豪雨」では西日本に甚大な被害が発生した。

東京でも地域によっては、大きな水害を受けることをご存じだろうか。

やや旧聞になってしまったが、東京都は3月30日、巨大台風に襲われ、堤防が決壊した場合に「想定し得る最大規模の高潮による浸水想定区域図」を初めて公表した。

同図を眺めておくだけでも防災力は高まる……。

墨田99%、葛飾98%浸水

高潮浸水想定区域図[想定最大規模](浸水深)
高潮浸水想定区域図(浸水深)(PDF:515KB

浸水が想定されているのは次の17区。

  • 千代田、中央、港、新宿、文京、台東、墨田、江東、品川、目黒、大田、北、荒川、板橋、足立、葛飾、江戸川

とくに、東部地域の被害が目立つ。墨田区の99%、葛飾区の98%、江戸川区の91%が浸水する(次図)。

想定し得る最大規模の高潮による浸水面積率

 

葛飾、江東、中央の3区の一部で浸水深が最大10mに達している

具体的な場所は、都港湾局が公開している詳細版で、詳しく確認できる(次図)。

高潮浸水想定区域図(浸水区域、浸水深)詳細版

※浸水深の違いは、「詳細版(色違い)」のほうがよく視認できる。

詳細版(色違い)

墨田・江東・葛飾・江戸川など浸水期間1週間以上

浸水継続時間(浸水深50cm以上)が1週間以上続くのは、墨田、江東、葛飾、江戸川など、東部に集中している(次図)。

高潮浸水想定区域図[想定最大規模](浸水継続時間)
高潮浸水想定区域図(浸水継続時間)(PDF:557KB

 

浸水リスクは、どこまでマンション価格に織り込まれているのか……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.