不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

博多の違法民泊で盗撮!民泊オーナー書類送検

無許可民泊で隠しカメラで客を盗撮したとして4月4日、民泊のオーナーの男(48)が書類送検された。

民泊絡みの盗撮事件は昨年11月にも摘発されている。民泊で報じられている盗撮事件は氷山の一角……。

無許可民泊に盗撮カメラ(時事ドットコム)

無許可で民泊を経営し、隠しカメラで客を盗撮したとして、福岡県警博多署は4日、民泊のオーナーの男(48)を書類送検。

無許可民泊に盗撮カメラ=容疑でオーナー書類送検-福岡県警

無許可で民泊を経営し、隠しカメラで客を盗撮したとして、福岡県警博多署は4日、旅館業法違反と軽犯罪法違反の疑いで、民泊のオーナーの男(48)=福岡市早良区=を書類送検した。
(中略)
同署によると、民泊の料金は5000~7000円で、これまで韓国人や日本人などの約50組が利用していた。火災報知器型の録画式カメラが仕掛けられており、宿泊客がランプの点滅に気づき発覚。相談を受けた韓国総領事館が同署へ通報した。

(時事ドットコム 4月4日)

事件の舞台となった福岡県の民泊

事件の舞台となったのは、福岡市博多区の賃貸マンションの一室。

福岡県内でAirbnbに登録されている民泊(大半が違法民泊)は約2,300件(4月1日現在)。都道府県ランキングでは6位。

4位沖縄や5位北海道ほどは減少していない(次図)。

Airbnb登録件数の推移 (1都2府を除く)
全国Airbnb登録件数5.8万件(前月比▲3.2%減)」 

民泊を悪用した犯罪は12件目

民泊絡みの盗撮事件は昨年11月にも摘発されている(盗撮目的のヤミ民泊容疑!大阪府警が会社員男送検)。

民泊を悪用した犯罪で報じられた事件は、これが12件目。

盗撮、窃盗、空き巣、性的暴行、覚醒剤密輸、不正出金。住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されると、このような犯罪は防げるのか。あるいは世間が事件慣れして、ニュースバリューがなくなっていくのか……。

これまでに報じられた事件は次の11件。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.