不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

全国Airbnb登録件数5.8万件(前月比▲3.2%減)

民泊のあり方を論ずるには、実態の把握が欠かせない。
民泊議論の一助になればとの思いから毎月初め、Airbnb登録件数に係る定量的な分析記事を投稿している。


ポイント

Airbnbサイトからクローリングによりデータを集計しているサイトAirbDatabankが無料公開しているデータをもとに、18年4月1日現在のAirbnb登録状況を可視化。

【全国】Airbnb登録件数の概況

全国Airbnb登録件数 5.8万件(前月比▲3.2%減)

全国でAirbnbに登録されている物件数は57,783件(4月1日現在)。
前月比▲3.2%減増加にブレーキがかかっている

※正確にいうと、東京都は23区、大阪府は大阪市、京都府は京都市のみが調査対象。だから実際の登録件数はもう少し多くなる。

Airbnb登録件数の推移(全国)
【参考メモ】16年7月の登録件数が落ち込んだのは、Airbnbシステム仕様に変化(クローリング修正対応に遅れ)があったためかもしれない。17年4月にも落ち込んだ事象が観測されている。Airbnbサイトのデータをクローリング集計しているAirbDatabankサイトだけでなく、AirLABOサイトでも同様の落ち込み事象が確認されている。

 

1位東京1.9万件、2位大阪1.3万件、3位京都0.6万件

Airbnb登録件数の都道府県別ランキングを次表に示す。
1位東京都(23区)約1.9万件、2位大阪府(大阪市)約1.3万件、3位京都府(京都市)約0.6万件。

Airbnb登録件数の都道府県別ランキング

国内Airbnb登録件数の3分の1が東京

国内のAirbnb登録件数約5.8万件のうち、3分の1を東京が占めている。

Airbnb登録件数の都道府県別シェア

北海道は2か月連続で減少

4位沖縄は減少に転じた。5位北海道は2か月連続で減少(次図)。

Airbnb登録件数の推移 (1都2府を除く)

【東京23区】1位新宿区(4千件)

東京23区においてAirbnbの登録件数が最も多いのは新宿区の4,173件。2位は渋谷区2,212件。
第2グループ(1千件超え)は、3位台東区、4位豊島区、5位港区。

Airbnb登録件数(東京23区)

 

新宿区のAirbnb登録件数は2か月連続で減少(次図)。

Airbnb登録件数の推移(東京23区)

【大阪市】1位中央区(5千件)

大阪市内のAirbnb登録件数は、中央区(5,029件)と浪速区(2,977件)がツートップ(次図)。

Airbnb登録件数(大阪市)

 

中央区(大阪市)・浪速区ともに減少中。西成区の減少が目立つ(次図)。

Airbnb登録件数の推移(大阪市)

 

ただ、全国でAirbnbの登録数が最も多い自治体は中央区(大阪市)であることに変わりはない(次図)。

Airbnb登録件数の推移(東京vs大阪)

【京都市】1位下京区(1千件)

京都市内でAirbnbの登録件数が最も多いのは下京区の1,301件(次図)。

Airbnb登録件数(京都市)


京都市内のAirbnb登録件数も2か月連続で減少(次図)。

Airbnb登録件数の変化(京都市)

雑感(全国的にAirbnb登録件数が減少に…)

住宅宿泊事業法の6月15日施行に向けて、主に都市部で民泊条例による規制強化が進展中。Airbnbは3月15日、無届民泊は6月16日以降サイトに掲載しないことを公言している(Airbnbが公開した気になるFAQ|届出番号を記入しないとどうなる?など)。

全国的にAirbnb登録件数(大半が無届民泊)が減少に転じたのは、そういった違法民泊追放の動きの影響が出てきたからなのであろう。 

ただ、まだ全国のAirbnb登録件数は5.8万件。激減しているわけではない。民泊新法施行日(6月15日)直前まで儲けようというホストが多いのだろうか……。 

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.