不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

不動産会社2018「平均年収ランキング」を可視化

プレジデントオンラインは12月21日、全上場企業の「平均年収ランキング(2018年版)」のうち「不動産業」に分類される127社の「平均年収ランキング」を掲載(次表)。

不動産業界127社「平均年収ランキング」

「平均年収」データだけでなく、「従業員数」や「平均年齢」などのデータも掲載されているので可視化してみた。

平均年収1千万円超は上位7社まで

横軸をランキング、縦軸を平均年収として描いたのが次図。

不動産会社の平均年収ランキング(2018年)

平均年収が1千万円を超えるのは上位7社まで。大手では4社(三菱地所、東急不動産HD、三井不動産、野村不動産HD)が含まれている。
ただし、東急不動産HDと野村不動産HDは従業員がそれぞれ56人(平均年齢45.3歳)、24人(平均年齢45.2歳)と少ないことに留意する必要がある。

平均年収が800万円を超えるのは上位27位まで、600万円を超えるのは上位75位まで。

平均年収が400万円を下回るのは5社(平均年齢は26.9~46.4歳と幅があるが、勤続年数は2.4~3.6年と短い)。

三菱・三井の平均年収の高さが目立つ

次に切り口を変えて、横軸を平均年数、縦軸を平均年収、円の大きさを従業員数として描いたのが次のバブル図。

三菱地所(1,229.0万円、40歳)と三井不動産(1,112.5万円、40.9歳)の平均年収の高さが目立つ。

住友不動産(649.3万円、42.7歳)は、127社の平均値663万円を若干下回っている。

「平均年齢」「平均年収」「従業員数」 不動産業界127社(2018年)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.