不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


設計事務所・建設会社の売上高ランキング2018

家電や自動車のメーカー名であれば多くの人に知られているだろうが、一生の買いものであるマンションに関係する設計事務所(設計会社)や建設会社(ゼネコン)の名前は、必ずしもよく知られていないのではないか。

建築系業界紙「日経アーキテクチャ」2019年9月12日号の特集記事「経営動向調査2019」として、2018年度の設計事務所と建設会社の売上高ランキングが掲載されていたので、以下に抜粋・整理しておいた。


もくじ

設計事務所

「設計・監理業務」売上高TOP50

売上高が100億円を超えるのは7位まで。10億円を超えるのは46位まで(次図)。

設計事務所「設計・監理業務」売上高ランキング

上位には、一つの建築設計事務所で、意匠・建築構造・建築設備・エンジニアリングができる「組織系建築設計事務所」が並ぶ。

なかでも1位の日建設計(住友系)は、役員・職員数1927名(19年4月1日現在)が在籍する設計事務所の最大手。

( )内数値は、売上高(百万円)。

  • 1位:日建設計(34,772)
  • 2位:NTTファシリティーズ(25,669)
  • 3位:三菱地所設計(21,552)
  • 4位:日本設計(19,721)
  • 5位:JR東日本建築設計(13,000)
  • 6位:梓設計(12,356)
  • 7位:久米設計(11,614)
  • 8位:佐藤総合計画(8,671)
  • 9位:山下設計(8,438)
  • 10位:石本建築事務所(6,604)

  • 11位:大建設計(6,269)
  • 12位:安井建築設計事務所(6,104)
  • 13位:日企設計(5,962)
  • 14位:松田平田設計(5,820)
  • 15位:日立建設設計(5,686)
  • 16位:類設計室(5,012)
  • 17位:アール・アイ・エー(5,003)
  • 18位:東畑建築事務所(4,911)
  • 19位:あい設計(4,705)
  • 20位:東急設計コンサルタント(4,630)

  • 21位:INA新建築研究所(3,981)
  • 22位:IAO竹田設計(3,925)
  • 23位:内藤建築事務所(3,222)
  • 24位:昭和設計(3,195)
  • 25位:綜企画設計(3,041)
  • 26位:東電設計(2,976)
  • 27位:プランテック総合計画事務所(2,690)
  • 28位:ジェイアール西日本コンサルタンツ(2,557)
  • 29位:日建ハウジングシステム(2,306)
  • 30位:総合設備コンサルタント(2,190)

  • 31位:交建設計(2,021)
  • 32位:横河建築設計事務所(1,880)
  • 33位:伊藤喜三郎建築研究所(1,760)
  • 34位:JFE設計(1,613)
  • 35位:相和技術研究所(1,572)
  • 36位:楠山設計(1,531)
  • 37位:ニュージェック(1,367)
  • 38位:ユニバァサル設計(1,210)
  • 39位:教育施設研究所(1,200)
  • 40位:翔設計(1,119)
  • 41位:土屋建築研究所(1,113)

  • 42位:北海道日建設計(1,110)
  • 43位:中日設計(1,104)
  • 43位:フケタ設計(1,104)
  • 45位:エネ・グリーン(1,090)
  • 46位:阿波設計事務所(1,058)
  • 47位:国建(958)
  • 48位:日和エンジニアリング(951)
  • 49位:アルテス(944)
  • 50位:松下設計(940)


上記は、「設計・監理業務」全体の売上高ランキング。
「住宅部門」に限った売上高ランキングは、次の通り。

「住宅部門」売上高TOP10

1位は日企設計。

( )内数値は、売上高(百万円)。

  • 1位:日企設計(2,790)
  • 2位:IAO竹田設計(2,699)
  • 3位:アール・アイ・エー(2,213)
  • 4位:日建ハウジングシステム(1,997)
  • 5位:日本設計(1,043)
  • 6位:松田平田設計(1,018)
  • 7位:三菱地所般計(996)
  • 8位:佐藤総合計画(912)
  • 9位:INA新建築研究所(907)
  • 10位:日建設計(765)

建設会社(ゼネコン)

「建築部門」売上高TOP50

売上高が2千億円を超えるのは17位まで。1千億円を超えるのは21位まで(次図)。

建設会社「建築部門」売上高ランキング


「建築部門」売上高では、スーパーゼネコン5社(鹿島、清水、大成、大林、竹中)を抑えて、住宅総合メーカーの大和ハウス工業が1位。

( )内数値は、売上高(百万円)。

  • 1位:大和ハウス工業(1,357,614)
  • 2位:大林組(1,085,242)
  • 3位:清水建設(1,047,964)
  • 4位:大成建設(987,937)
  • 5位:竹中工務店(981,702)
  • 6位:鹿島(928,095)
  • 7位:積水ハウス(917,810)
  • 8位:大東建託(610,468)
  • 9位:長谷エコーボレーション(452,048)
  • 10位:フジタ(382,867)

  • 11位:戸田建設(355,064)
  • 12位:前田建設工業(245,190)
  • 13位:東急建設(238,241)
  • 14位:五:洋建設(229,736)
  • 15位:三井住友建設(226,621)
  • 16位:西松建設(210,157)
  • 17位:安藤ハザマ(208,858)
  • 18位:熊谷組(195,432)
  • 19位:鴻池組(151,773)
  • 20位:奥村組(118,366)

  • 21位:浅沼組(109,115)
  • 22位:イチケン(93,203)
  • 23位:銭高組(91,011)
  • 24位:松井建設(86,878)
  • 25位:ナカノフドー建設(84,138)
  • 26位:福田組(83,038)
  • 27位:JFEシビル(78,005)
  • 28位:鉄建建設(74,589)
  • 29位:日本建設(72,119)
  • 30位:佐藤工業(68,433)

  • 31位:北野建設(64,487)
  • 32位:大末建設(62,680)
  • 33位:高松建設(60,646)
  • 34位:大豊建設(56,184)
  • 35位:東亜建設工業(55,186)
  • 36位:矢作建設工葉(53,897)
  • 37位:岩田地崎建設(53,144)
  • 38位:村本建設(52,996)
  • 39位:西武建設(52,753)
  • 40位:木内建設(52,042)

  • 41位:東洋建設(51,768)
  • 42位:大本組(49,470)
  • 43位:飛島建設(45,594)
  • 44位:TSUCHIYA(42,322)
  • 45位:大鉄工業(42,010)
  • 46位:多田建設(41,638)
  • 47位:青木あすなろ建設(40,549)
  • 48位:ボラテック(40,337)
  • 49位:不二建設(40,266)
  • 50位:ピーエス三菱(39,823)

上記は、「建築部門」全体の売上高ランキング。
「住宅部門」に限った売上高ランキングは、次の通り。

「住宅部門」売上高TOP10

1位は積水ハウス。

( )内数値は、売上高(百万円)。

  • 1位:積水ハウス(917,810)
  • 2位:大和ハウスエ業(680,186)
  • 3位:大東建託(600,961)
  • 4位:長谷工コーポレーション(437,904)
  • 5位:竹中工務店(90,315)
  • 6位:大林組(86,013)
  • 7位:前田建設工業(85,700)
  • 8位:三井住友建設(76,911)
  • 9位:清水建設(74,692)
  • 10位:鹿島(62,882)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.