不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


個人情報安売りイベント!? マンションのフォトコンテスト

無電柱化フォトコンテスト(都知事のツイート)

小池都知事の「フォトコンテストのお知らせ」ツートが炎上していた。

「醜い景色」という表現が火種となったようだ。

小池都知事の「フォトコンテストのお知らせ」ツート
小池百合子 (@ecoyuri) 2017年8月22日

そもそも何を目的としたフォトコンテストなのか?

「無電柱化民間プロジェクト実行委員会」の8月18日のプレスリリースによれば、「無電柱化」の意識を高めてもらうことが目的とされている。

今回のコンテストは、より多くに人たちに電柱・電線に関心を持ってもらう事により、防災、安全・安心、景観といった観点から、「無電柱化」の意識を高めてもらう事を目的として、3年ぶりに開催するものです。

 

前置きが長くなった。

ファミリーフォトコンテスト(本日のチラシ)

一棟まるごとリノベーションマンション(駅徒歩7分、10階建て・総戸数59戸)の第1期本広告(販売戸数4戸)。

このマンションチラシにも「フォトコンテスト」が謳われている。

ファミリーフォトコンテスト2017

〇〇エリアの楽しくハッピーな家族写真にハシュタグをつけて、Facebook、Instagramで投稿してください。

写真選考で10名様に2,000円分のクオカードが当たります。

無電柱化のフォトコンテストの目的は、「無電柱化」の意識高揚であった。

では、ファミリーフォトコンテストのほうの目的は何なのか?

主に次の2点ではないだろうか。

  • 多くの人に物件の関心を持ってもらうこと
  • 家族の顔写真付きの個人情報をゲットすること

モデルルームでアンケート記入後、営業マンから「ご家族の写真を撮らせてください」と言われて、すんなり承諾する人は多くはないだろう。少なからぬ人が「写真の目的は何ですか?」と確認するのではないか。

「ファミリーフォトコンテスト」を謳えば、黙っていても家族の顔写真付きの個人情報が手に入る。営業サイドにとって、なんともオイシイ作戦じゃないか。たったの2万円(=10名×2,000円)で個人情報がゲットできる。

「ファミリーフォトコンテストは、個人情報安売りのイベントである」くらいに認識しておく必要があるのでは。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告1枚)

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.