不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


空き家問題・マンション市場のGIFアニメ(まとめ)

http://www.flickr.com/photos/38174668@N05/3613743657

photo by vancouverfilmschool

 

この半年、当ブログで紹介した空き家問題マンション市場動向をGIFアニメにした記事をまとめておいた。
時間と関心のある方はどうぞ!
  • 1.空き家問題
  •  空き家率 1都3県の15年間の変化が分かる地図アニメ
  •  全国の「空き家率」が上昇
  • 2.マンション市場動向
  •  マンション市場縮小
  •  高級マンションの販売戸数が増加
  •  東京圏の地価変動

1.空き家問題

空き家率 1都3県の15年間の変化が分かる地図アニメ

「住宅・土地統計調査」データをもとに、過去15年間の空き家率(=居住世帯なしの空き家÷(居住世帯なしの空き家+居住世帯あり総数)×100)を計算し、地図化に落としたうえでアニメ化してみた。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/flats/20150305/20150305105937.gif

都心部においても、全体的に空き家率が上昇している印象だ。

 

全国の「空き家率」が上昇

「住宅・土地統計調査」の1998年~2013年データを用いて、全国の「空き家率」を地図に落としてアニメ化。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/flats/20141019/20141019162931.gif

 全国的に「空き家率」が上昇していく様子は衝撃的だ。

 

2.マンション市場

マンション市場が縮小

1都3県の新築マンション発売戸数の推移データを地図に落としてアニメ化。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/flats/20141019/20141019101756.gif

特に、23区の発売戸数は04年から激減し始めている様子が分かる。

 

高級マンションの販売戸数が増加

不動産経済研究所が毎月発表している「首都圏マンション市場動向」デタのうち、過去7年間(2008年~2014年)の価格帯別の発売戸数のグラフをアニメ化。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/flats/20141102/20141102103928.gif

2013年までは3つの購買層、すなわち、3千万円台、4千万円台、5千万円台で3つの山が見られた(あくまでもザックリですが)。ところが2014年は、この3つの山のほかに、7千万円台の4つ目の山が加わっているのだ。

 

東京圏の地価変動

過去7年間(平成21年~平成27年)の「東京圏の市区の住宅地の平均価格(第6表)」データを地図に落とし、アニメ化。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/flats/20150319/20150319105823.gif

平成25年に都内と横浜・川崎地域の価格の上昇が顕著となり、平成26年には同地域の上昇率が高くなるとともに、その勢いが千葉圏域にまで広がっている。

(本日、マンション広告なし)

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.