不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


2015年首都圏マンション市場予測 「予想戸数」というよりも「期待戸数」では?

http://www.flickr.com/photos/35518360@N00/3343256965

photo by j-imaging

 

不動産経済研究所が12月24日、「2015年の首都圏マンション市場予測」を発表。

マンション供給は4.5万戸。都心回帰強まり再び増加へ。

  • 2014年は前年比24.7%減の4.25万戸の見込み。消費税増税の反動減と建築コストアップ。
  • 2015年は前年比5.9%増の4.5万戸。建築コスト増で価格上昇続くも都心回帰がけん引
  • 大手デベロッパー中心変わらずも、中堅は近郊部で巻き返しへ

2014年の4.25万戸(見込み)に対して、2015年は5.9%増の4.5万戸だという。


過去9年、不動産経済研究所が公表してきた予想戸数実績戸数を調べてみると、リーマンショックの影響から解放され新規取得案件が起動した2010年と、消費増税前の駆け込みで増加した2013年を除くと、予想戸数のほうが多いことが分かる(次図参照)。

f:id:flats:20141225203929j:plain

 「都心回帰がけん引」するという予想戸数(4.5万戸)は、期待戸数になってないか――。

(本日、マンション広告なし)

人材危機 建設業から沈む日本

人材危機 建設業から沈む日本

  • 作者: 日経アーキテクチュア
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2014/06/24
  • メディア: 単行本
 
2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.