不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


新築マンション販売、モデルルームが混んでいても

http://www.flickr.com/photos/51876732@N00/331731078

photo by reiner.kraft

 

土地総合研究所が11月19日、「不動産業業況等調査結果(平成26年10月実施)」を発表。

「住宅・宅地分譲業」についての調査結果は次のように記されている。

  • 「(1)用地取得件数」の指数は、前回から 21.9ポイント上昇し -3.1ポイントとなった。
  • 「(2)モデルルーム来場者数」の指数は、前回から 16.2ポイント上昇し -13.8ポイントとなった。
  • 「(3)成約件数」の指数は、前回から 7.5ポイント上昇し -13.9ポイントとなった。
  • 「(4)在庫戸数」の指数は、前回から 2.2ポイント上昇し 41.1ポイントとなった。在庫戸数が減少傾向にあるとの見方が多い。
  • 「(5)販売価格の動向」の指数は、前回から 6.3ポイント上昇し 43.8ポイントとなった。平成24年7月以降、販売価格が上昇したとする回答が、下落したとする回答を上回っている。

 これだけではよく分からないので、長期的な傾向を探るべく、平成16年4月から平成26年10月(今回発表)までの「販売価格の動向(指数)」「成約件数(指数)」「モデルルーム来場者数(指数)」データをグラフ化してみた。

f:id:flats:20141121230241j:plain

「モデルルーム来場者」の指数は、平成25年4月をピークに下降気味。

「販売価格の動向」の指数は、平成21年4月をボトムとして改善に向かい、平成24年4月以降はプラスを維持。

「モデルルーム来場者」と「販売価格の動向」のプラスに対して、「成約件数」の指数は、平成25年10月の30.3ポイントから大きく下落し、マイナスのままだ。

 

モデルルームに集客はできているが、販売価格の上昇もあり、成約まで至りにくい状況が推察される。

 

現役・三井不動産グループ社員が書いた! やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない

現役・三井不動産グループ社員が書いた! やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない

  • 作者: 藤沢侑
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

(本日、マンション広告なし)

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.