不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


首都圏新築マンション、過去40年間で1994年から2007年は異常


本日、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所は10月7日、同社が集積している過去40年間(1973年〜2012年)のマンションデータを「全国マンション市場40年史」として発表。


新築マンション供給戸数の年次別推移表」として、1973年から2012年の「首都圏」「近畿圏」「その他」のデータが棒グラフで掲載されているのだが――
3つのエリア(「首都圏」「近畿圏」「その他」)が積み上がって描画されているので、「首都圏」の推移が読み取りにくい。
そこで、「首都圏」のデータだけを折れ線グラフで描いてみた。
新築マンション供給戸数の推移(首都圏)
過去40年間を振り返ってみると、1994年(79,897戸)からリーマンショック前の2007年(61,021戸)の14年間の供給戸数が、いかに異常であったかがよく分かる。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.