不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


東京五輪で湾岸マンションが人気らしい


本日、マンション広告なし。

    • -

東京五輪で湾岸マンション人気、値上がり期待かモデルルーム来場倍増(Bloomberg)
2020年夏季五輪の開催地が東京に決まったことで、競技施設が集中する東京の湾岸エリアでは、新築マンションの人気がにわかに高まっている。
開発・販売を手掛ける大手不動産会社には、問い合わせやモデルルームへの来場者数が急増するなど反響が広がっている。


選手村の建設が予定されている晴海・豊洲地区。
銀座から約2キロ圏の中央区晴海では、三菱地所 レジデンスと鹿島建設 が高層マンション「ザ・パークハウス晴海タワーズ」を開発中だ。
三菱地所の広報担当・渡辺昌之氏は、「東京開催が決定した8日の朝6時過ぎころからメールでモデルルームへの来場申し込みが来た」と明かす。
同日の来場者数は60組を超え、それまでの約30組前後から倍増したという。
(後略)
(9月11日 ブルームバーグ

東京五輪で湾岸マンション値上がりへ、2割上昇も−持続性は疑問(Bloomberg)
(前略)
もっとも三友システムアプレイザルの井上氏は、湾岸エリアのマンション価格上昇について、7年後の「五輪開催まで値上がりが続くことはない。
値上がりは2年間程度にとどまり、その後は弱含む」と述べ、長続きしないとの見方を示す。
1964年の東京五輪開催時には、建設ラッシュと人口増から不動産価格が急上昇したが、約50年が経過しバブル崩壊も経験した現在の日本は、少子高齢化に直面。
井上氏は五輪を誘致しても、不動産の持続的な価格上昇は期待できないという。


みずほ証券の石沢卓志チーフ不動産アナリストは、埋め立て地の湾岸エリアは東日本大震災以降、マンションの値段が下がったため「今後の値上がり率は高くなるだろう」としたうえで、「価格が青天井に上がるということではない」との見方を示した。
(9月10日 ブルームバーグ


ときどき つぶやいています。

↓ ↓ ↓

http://twitter.com/1manken

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.