不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています

2012年度フラット35利用者、30歳代の構成比が低下


本日、マンション広告なし。

    • -

住宅金融支援機構は5月24日、「2012年度フラット35利用者調査」の結果を発表。
調査結果の主なポイントは次のとおり。

1 年齢30歳代の構成比が低下
全体では、30歳代の構成比が平成24年度は48.8%と、平成23年度の51.4%を下回った。
土地付注文住宅でも平成24年度は54.5%と、平成23年度の58.3%を下回っている。


2 家族数の構成比に大きな変化はなし(マンション)
マンションでは、家族数の構成比に大きな変化はなかった。
ただし、女性の申込者についてみると、単独入居の構成比が平成24年度は32.4%と、平成23 年度の39.0%を下回っている。


3 世帯年収400万円未満の構成比が上昇
全体では、世帯年収400万円未満の構成比が平成24年度は21.7%と、平成23年度の17.4%を上回った。
マンションでも、年収400万円未満の構成比が平成24年度は13.3%と、平成23年度の8.9%を上回っている。


4 3にかかわらず、総返済負担率 25%以上の構成比も低下
全体では、総返済負担率25%以上の構成比が平成24年度は35.4%と、平成23年度の37.1%を下回った。
中古マンションでも、総返済負担率25%以上の構成比が平成24年度は18.8%と、平成23年度の22.4%を下回っている。
世帯年収の構成比が低年収層にシフトしているにもかかわらず、総返済負担率も低下しているのは、融資金利の低下(平成23年度平均2.32%から平成24年度平均1.97%へ)による影響が大きいと見られる。

詳しくはこちら

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.