不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています

手狭になった旧本社ビルの敷地にマンション


本日、マンション広告1枚。

    • -

売主の本社跡地に建つ小規模マンション。

【予告広告】大手町駅直通16分、駅徒歩27分。総戸数28戸、8階建。販売戸数28戸、2LDK+S(70.72m2)〜4LDK(89.42m2)。販売価格/未定。平成25年10月末日竣工(本チラシ掲載日の5カ月後)。

  • ※2013年5月17日(金)の物件と同じ。

新聞半紙大のチラシのオモテ面に珍しい表記。

  • 本社跡地に誕生するこだわりのプロジェクト。

Google ストリートビューで「本社跡地」を調べると、まだ4階建ての事務所ビル(このデベロッパーの本社)が建っている画像を確認できる。
また、「新本社ビル」の敷地(物流センターの跡地)を調べてみると、すでに建設のための仮囲いの画像が確認できる。


手狭になった旧本社ビルの敷地にマンションを建てて、より広い物流センターの跡地に「新本社ビル」を移転しようということなのだろう。


創立32年(昭和56年設立)、資本金5千万円のデベロッパー。
アベノミクス効果期待の積極経営か・・・・・・。
ちなみに、事務所の移転距離(直線距離)は約60m(次図参照)。
事務所の移転距離(直線距離)は約60m

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

blogram投票ボタン

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.