不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


全国の津波リスク地図


本日、マンション広告なし。

    • -

津波の被害を受ける恐れがある標高の低い地域に、国内の人口の2割近い約2200万人が住んでいることが分かった」という3月3日(日)の朝日の一面記事。

今回の名古屋大の調査では、東京、大阪、愛知の標高5m未満の居住率は20〜30%台と高く、海に近い低地に人口が密集する都市部がより高いリスクを抱える現状が改めて分かった。
津波の高さや被災程度は地形、防潮堤の整備状況などによって異なる。低地に住む人がすべて危険とはいえないが、福和教授は「低地は津波ばかりでなく、高潮や地震の強い揺れ、液状化などの危険度も高いと考えられる。その点を踏まえた対策が必要だ」と指摘している。

朝日のサイトで、全国の津波リスクを地図で見ることができる。
次図は関東の例。
関東の津波リスク(C)朝日新聞デジタル


関連記事


1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.