不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


間取り図に方位記号が描かれていないチラシはゴミ箱へ直行


本日、マンション広告5枚。

    • -

駐車場の跡地に建つ小規模マンション。

【本広告】大手町駅直通14分、駅徒歩3分。総戸数20戸(管理員室1戸、友の会・区民優先分譲住戸7戸含む)、11階建。販売戸数5戸、3LDK(68.49m2〜72.04m2)。販売価格3,798万円〜4,478万円。平成24年11月下旬竣工(本チラシ掲載日の当月)。

新聞半紙大のチラシ裏面に掲載された二つの間取り図。
こんな感じ。
チラシに掲載された間取り図の配置
B typeは「角部屋・大型収納付」。
A typeは「南西角部屋・大型収納付」。
どちらも角住戸。
でも、A typeの「南西角部屋」って、なんかヘン。


間取り図の下側にバルコニー付きのリビングがあって、リビングの右側にも窓があるので、直観的には「南西角部屋」というよりも、「南東角部屋」と思えてしまうのだ。
この違和感は、間取り図の下側が南でないことに起因している。


外観CGと案内図から、これら二つの住戸は、どちらもリビングが西向きの住戸であることが分かる。
具体的にはこんな感じ。
実際の間取り図の向き
ちなみに、このチラシの間取り図には、方位記号が描かれていない。
日当たり良好な南東角住戸を連想させる、誤認誘発チラシだ。
ゴミ箱へ直行!

Facebookフェイスブック)にマンション選びのためのコミュニティサイトを開設しています。

マンション選びに関心のある方は、どなたでも大歓迎!

↓ ↓ ↓

facebook|マンション選び!

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.