不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


新築マンション価格動向(名古屋圏・地方圏)、鑑定評価員コメント


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が11月22日、全国主要都市の計150地区を対象に四半期ごとに実施している「主要都市の高度利用地地価動向報告(地価LOOKレポート)」を公表。
比較的バイアスのかかっていない、新築マンション市況を知り得る数少ない情報ではないだろうか。
「名古屋圏・地方圏」の新築分譲マンションの価格動向を中心に、「鑑定評価員のコメント」を拾ってみた。


名古屋圏

  • 名古屋市(東区/大曽根)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 地元デベロッパーが大手デベロッパーを意識し顧客ニーズにあった分譲価格で供給しているが小型物件は一部地域で苦戦している。住宅取得優遇策等の影響で総じて分譲マンションは順調であることから、マンション分譲価格は横ばいである。建築費の値上がりが依然懸念材料となっている。



  • 名古屋市(千種区/覚王山)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 大型物件が短期に完売となるなど、千種区内のマンション販売は概ね好調である。ただし、今後予定される供給戸数は多く、マンション分譲価格は横ばいとなっている。中古マンションの需要は今期も引き続き堅調である。



  • 名古屋市(昭和区/御器所)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 駅から近く、住環境が優るマンションでは、即日完売の物件も多く見られる。最初の広告では分譲価格を公表せず、反応を見てから分譲価格を決定する業者も多い。販売は好調であるが、分譲価格が上昇しているとまでは言えないためマンション分譲価格は横ばいである。



  • 名古屋市(千種区/池下)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 地下鉄駅に近く、利便性が高い比較的高額なマンションの供給が豊富であるが、総じて売れ行きは好調であり、居住環境と生活利便性を兼ね備えた当地区におけるマンション需要は引き続き堅調である。特に当地区に対する住宅地需要は名古屋市内にあっても旺盛な部類に属する。売れ行きの好不調は物件次第であり、販売価格の行き過ぎを懸念する声も聞かれるが、大手デベロッパーを中心にマンション分譲価格は高い水準で横ばいである。




地方圏

  • 札幌市(中央区/宮の森)【マンション分譲価格:上昇(0%超3%未満)】
    • 立地、グレード、タワー型か否か等によって差はあるものの、当地区のマンション分譲市場については地区の名声や優れた利便性等を背景に需要は引き続き旺盛で、売れ行きも好調に推移している。特に高スペック・グレードの新築マンションは高水準価格で短期間に成約する傾向がある。このような状況から当期のマンション分譲価格は上昇傾向で推移している。



  • 仙台市(青葉区/錦町)【マンション分譲価格:上昇(0%超3%未満)】
    • 中古マンション市場では、東日本大震災後、富裕層のみならず郊外からの買換え需要等の影響により、オール電化・免震工法の築浅物件が新築販売価格並みの価格で取引される等、築浅の物件を中心に中古マンション価格は上昇傾向にある。上杉・宮町地区、仙台駅東口周辺に新築マンションの分譲予定が複数見られる。新規販売物件についても、価格設定を未定のまま販促を開始している物件も多く、供給が少ない中、分譲単価の新規設定については引き続き上昇傾向にあり、当地区のマンション分譲価格も上昇傾向にある。



  • 仙台市(青葉区/五橋周辺)【マンション分譲価格:上昇(0%超3%未満)】
    • 当地区では分譲マンションの新規供給が無く、販売中の物件は東日本大震災前から売りに出されていたマンション最上階の大規模物件等の特別な物件が中心である。周辺地区で最近売り出された物件は売れ行きが好調であるため、分譲価格はやや上昇している。



  • 草津市(南草津駅周辺)【マンション分譲価格:上昇(0%超3%未満)】
    • 昨年3月に南草津駅が新快速電車停車駅となり交通利便性が高まったことなどからマンション立地のポテンシャルは上昇しており、今後の新規分譲価格が注目される。当地区では徒歩圏に15階建・50戸分譲、及び14階建・91戸分譲の新規分譲案件があり、当マンション分譲価格等から推測するとマンション分譲価格はやや上昇している。



  • 広島市(中区/白島)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 当地区での地元業者による大型マンションが概ね完売となり、販売状況は好調である。数年前に同地区で販売された東京の大手マンション業者による分譲価格に比べると値頃感のある価格設定が好調の要因の1つであるが、広島都市圏で現在販売若しくは販売予定の他の物件の分譲価格に大きな変動はなく、マンション分譲価格は横ばい傾向である。



  • 福岡市(中央区/大濠)【マンション分譲価格:横ばい】
    • マンション分譲価格は横ばいである。一部に高額マンションの供給が見られるが、前期と同様に総じて一次取得者向けの3千万円台後半から4千万円台が中心的な価格帯となっている。



関連記事

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.