不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


「北向きはお得なのです!」という迷言


本日、マンション広告3枚。

    • -

6階建てマンションの跡地に建つ11階建ての中規模マンション。

【第3期 先着順】大手町駅直通14分、駅徒歩4分。総戸数47戸、11階建。販売戸数8戸、2LDK+S(62.31m2)〜3LDK(74.56m2)。販売価格4,130万円〜5,110万円。平成25年1月末日竣工(本チラシ掲載日の2カ月後)。

  • ※2011年10月15日(土)・10月28日(金)・11月23日(水)・12月17日(土)、2012年3月24日(土)・4月7日(土)・6月9日(土)・10月7日(日)の物件と同じ。

B4判のチラシ裏面に、開き直ったようにも見えるキャチコピー。

実は考えようによっては 北向きお得なのです!!

一般的には、日照環境の良い南向き住戸がベストとされているのだが、「北向きはお得」という根拠は何か?
答えはチラシのオモテ面に記されている。

1.洗濯物が乾きにくいのでは?
実は・・・太陽より風で乾く方が大きいんです。
それも日中働いていたり、下着もあるからと、部屋干しの方が意外に多い統計が。

「風があると洗濯物がよく乾く」という状況は、経験的に理解できる。
でも、「部屋干しの方が意外に多い統計が(あるから日当たりの悪い北向き住戸でもかまわないという)」というのであれば、どのような「統計」なのか明示すべきだろう。

2.ポカポカ日当たり良好の暮らしっていいな

  • 家にいる日を0.7日/週とすると、1年間(52週)で晴れの日に家にいるのは、約21.84日/年
  • 平均日照時間5.2時間、平均晴天日数220日 ※気象庁データより抜粋
  • 平均休日105日間、休日の外出1.3日間/週 ※来場者統計による
  • 年間で家にいながら晴れている時間は約113.5時間

平日は会社にいるので、実際に晴れの日に家にいるのは、年間で「約21.84日」しかないという理屈。
チラシの表記は「約21.84日」となっているが、「約21.94日」の計算間違い。この点はさておき――
「約21.84日」のうち、晴れている時間は「約113.5時間」しかないとう説明。
でも、定年で一日中家にいることになると、筆者の試算では約10倍(1,144時間)もポカポカな日当たりを得られことになるぞ。
1,144時間というのは、1年間(8,760時間)の13%だ。
日照環境の劣る北向き住戸は、滞在時間の少ない若い時代には気にする必要がないかもしれないが、年を取ってから1日中暗いリビングで過ごさなければならないことも想像しておこう。

3.南向きVS北向きの価格差は10%前後

  • 南向き4,000万円、北向き3,600万円 ⇒価格差400万円
  • 400万円の差 ⇒月々約11,000円(変動金利/35年返済、0.875%の場合)
  • 年間ですと約132,000円の差 ⇒1時間あたり約1,162円、南向きにこだわりますか?

南と北住戸の価格差約132,000円/年を、日照時間「約113.5時間」で割ると、1時間あたり約1,162円。
南向き住戸の日当たりを得るためには、約1,162円/時間かかるという試算。
1時間あたり1,162円といのは、けっこうインパクトのある金額だ。
ただ、これは1時間あたりに換算することで、大きな金額に感じさせる数字のマジックともいえる。
ようは、日照環境の良好な南向き住戸を手に入れるために、あと400万円出すかどうか(出せるかどうか)ということだ。

こんなメリットも
南向きの直射日光・紫外線は女性の敵! シミやしわの原因になってしまう
実はカーテン等で日光を遮っている方(特に女性)が約85%!(来場者統計による)
北向きは、直射日光が入らないだけで、実は意外に明るいんです!

「シミやしわの原因になってしまう」という女性が敏感に反応しそうな文言で、南向き住戸のネガティブキャンペーン
約85%がカーテン等で遮光しているという“来場者統計”は本当なのか?
北向き住戸は「実は意外に明るい」という、定性的な物言い。


これほどまでに、北向き住戸の良さをアピールされて、迷ってしまう人が出てくれば、販売員の思うツボだ。
政党のアピールポイントが錯綜している、今の政治状況にどこか似ているような。


関連記事


Facebookフェイスブック)にマンション選びのためのコミュニティサイトを開設しています。

マンション選びに関心のある方は、どなたでも大歓迎!

↓ ↓ ↓

facebook|マンション選び!

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.