不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


想定外のアクセス殺到で内閣府防災情報へのアクセス不能?


本日、マンション広告なし。

    • -

内閣府は8月29日、「南海トラフの巨大地震に関する津波高、浸水域、被害想定」を公表。
死者が関東以西の30都府県で最大32万3千人に達するとの被害想定。


現時点の最新の科学的知見に基づき、発生しうる最大クラスの地震津波による推計であり、発生頻度は極めて低いため過度に心配するのではなく、「非常に大きな津波が起こりうるということ」を念頭に置き、「強い揺れが起きたら逃げる」ということを一人ひとりがしっかりと認識し、「正しく恐れてほしい」とのこと。


ただ、都内においては、南海トラフの巨大地震の影響は少ない想定となっているようだ。
津波の浸水分布は次図。
津波の浸水分布
液状化可能性(全域)は次図。
液状化可能性_全域


ところで、これらの被害想定が公表されたのは「内閣府防災情報のページ」。
朝からほとんどアクセス不能状態だった。
想定外の設定は地震の規模だけでなく、ホームページへのアクセス殺到(?)においても、考慮してほしいものだ。
いざというときに、防災情報を閲覧できないというジョークは笑えない。


関連記事


ときどき つぶやいています。

↓ ↓ ↓

http://twitter.com/1manken

2023年6月1日、このブログ開設から19周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.