不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています

期分けごとの発売戸数が開示された珍しいチラシ


本日、マンション広告4枚。

【第3期 予告広告】銀座1丁目駅直通5分、駅徒歩11分。総戸数600戸、52階建。販売戸数/未定、1LDK+DEN(65.54m2)〜3LDK+DEN(87.42m2)。予定販売価格4,200万円台〜7,100万円台、予定最多価格帯6,000万円台。平成24年12月中旬竣工(本チラシ掲載日の7カ月後)。

  • ※2011年1月8日(土)・2月27日(日)・6月12日(日)・10月21日(金)・11月26日(土)・12月2日(金)・12月7日(水)、2012年1月6日(金)・1月21日(土)・1月28日(土)・04月14日(土)の物件と同じ。

湾岸マンション群エリアの一角に建つ最後のタワーマンション


新聞半紙大のチラシのオモテ面の珍しい表記。

合計406戸(※3) 申込登録即日完売!

  • ※3:第1期250戸・第2期110戸・第2期2次6戸・第2期3次40戸申込登録合計戸数です。

「申込登録即日完売」した「合計406戸」の期分けごとの発売戸数が開示されているのは珍しい。


「期分け」は、マンション全体の住戸を小分けし、時期を変えて販売することで人気住戸を均等化し、売れ残りを防ぐための手段。
「期」にしても「次」にしても、数が増えるほど売れ行き不振のバロメーターとなるので、デベロッパーとしては知られたくない情報のひとつ。


これまでに発売した住戸がすべて「申込登録即日完売」したことを喧伝したいがために、あえて期分けごとの発売戸数も開示した戦略は吉と出るのか?


ちなみに、リクルート社のフリーマガジン「SUUMO新築マンション(首都圏版)」のバックナンバーをひも解いて、この物件の期分け販売の推移をグラフ化してみると次図のようになる。
総戸数600戸の発売戸数の推移
第1期(250戸)と第2期(110戸)の発売戸数は比較的多かったものの、第2期の2次と3次は少ない戸数で小刻みに発売されていることが分かる。
5月中旬に発表が予定されている第3期の発売戸数が、今後の売れ行きを知る手がかりになりそうだ。


関連記事


1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

blogram投票ボタン

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.