不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

5つの間取り図と敷地配置図から住環境を推測する

製薬会社の寮の跡地に建つ、大規模マンション。

【予告広告】秋葉原駅直通8分、駅徒歩11分。総戸数174戸(A敷地:76戸、B敷地:98戸)、8階建(A敷地)・13階建(B敷地)。販売戸数/未定、2LDK(61.54m2)〜4LDK(106.72m2)。予定販売価格3,400万円〜6,900万円、予定最多価格帯4,000万円台。平成24年12月末(A敷地)・平成25年2月末(B敷地)竣工(本チラシ掲載日の9カ月・12カ月後)。

新聞半紙大のチラシのオモテ面には、公園の樹木を背景に、木製の椅子とテーブルが置かれたバルコニーのCG。
「公園隣接」が謳い文句。


チラシ裏面には5つの間取り図が掲載されている。
どの間取り図もリビングが下になるように描かれているが、それぞれの間取り図の方位記号は必ずしも上を向いていない。
こんな具合だ。
チラシ掲載された5つの間取り図
これだけでは、マンションの住戸配置が全く分からない。
チラシには、マンション全体の外観CGも掲載されていなので、住戸配置の想定が困難だ。
このように、住戸配置に関する情報が少ない場合、敷地配置図が手掛かりになる。
チラシ裏面に掲載されている敷地配置図はこんな感じ(周辺道路とかは割愛した)。
チラシに掲載されている敷地配置
なぜ、カクカクとした形状の敷地なのか?
グーグルマップで、敷地周辺を調べてみるとその理由が分かる。
敷地の西側にある5階建ての都営住宅が食い込んでいるからなのだ。


このマンションは、物件概要から2棟(A敷地:8階建、B敷地:13階建)であることが分かっている。
そのことを踏まえて、このカクカク形状の敷地に2棟をエイッと配置すると、こんな感じ。
カクカク形状の敷地に2棟をエイッと配置すると
この絵から分かることは――
13階建ての棟は、公園に隣接しているものの、夏の西日が厳しい西向き住戸である。
また、8階建ての棟は、日照環境に優れる南向き住戸なのだが、一部の住戸の目の前には、日照・通風を遮る5階建ての都営住宅が建っている。


関連記事

(本日、マンション5枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.