不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


首都圏新築マンション、販売在庫数微増で分譲単価は下降か

不動産経済研究所が3月15日、2月の首都圏マンション市場動向を発表。

  • 供給13.0%増の3,918戸。都区部シェアが11月以来の5割突破。
  • 価格は5.1%下落の4,475万円。契約率は9.5Pダウンの75.3%。

これだけではよく分からないので、同研究所が毎月発表している数値データをもとに、首都圏新築マンション市場動向のトレンドを“見える化”してみた。


販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都圏)
販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都圏)
この2年間、発売単価を高めに維持しながら、過剰な在庫処分に成功し、低迷期を脱出しつつあったのだが――
ここにきて販売在庫数微増で分譲単価は下降か・・・・・・。


発売戸数(都3県の内訳)
首都圏マンション発売戸数
都3県発売戸数の内訳を見ると、12月の急増からの反落し、2月はやや戻している。

(本日、マンション広告1枚)

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.