不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています

「環境性能表示オール3つ星」を強調しすぎる裏には・・・

湾岸マンション群エリアの一角に建つ最後のタワーマンション。

【第2期 予告広告】銀座1丁目駅直通5分、駅徒歩11分。総戸数600戸、52階建。販売戸数/未定、2LDK(64.02m2)〜4LDK(103.15m2)。予定販売価格3,800万円台〜8,500万円台、予定最多価格帯5,300万円台。平成24年12月中旬竣工(本チラシ掲載日の11カ月後)。

  • ※2011年1月8日(土)・2月27日(日)・6月12日(日)・10月21日(金)・11月26日(土)・12月2日(金)・12月7日(水)、2012年1月6日(金)・1月21日(土)の物件と同じ。

新聞半紙大のチラシのオモテ面に、「東京都初」の「環境性能表示オール3つ星獲得」したマンションであることが大きな文字で宣伝されている。
「環境性能表示オール3つ星獲得」に目が奪われがちなのだが、どこかシックリしない感じがしていたところ――
今しがたの大きな揺れ(7時43分ごろ、都内 震度3、山梨県 震度5弱)で気が付いた。
このチラシの超高層マンションは、免震ではないのだ。
このチラシには、構造の安全性について一切触れられていないのだ。


3.11以後は、安全・安心確保の重要性が改めて認識され、免震マンションのニーズが極めて高くなっている。


ところが、このマンションの建築確認が下りたのは約1年前(平成23年2月22日)。東日本大震災が発生する少し前。
耐震性よりも、環境性能(断熱性、省エネ性、長寿命化、緑化など)に関心があったころの設計なのだ。


消費者の関心がマンションの耐震性能に向かわぬよう、「環境性能表示オール3つ星獲得」を強調したチラシ構成となっている。

(本日、マンション広告2枚)

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.