不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています

「即日完売」の最大の理由


本日、マンション広告5枚。

【第2期 予告広告】銀座1丁目駅直通5分、駅徒歩11分。総戸数600戸、52階建。販売戸数/未定、2LDK(64.02m2)〜4LDK(103.15m2)。予定販売価格3,800万円〜8,500万円、予定最多価格帯5,300万円台。平成24年12月上旬竣工(本チラシ掲載日の11カ月後)。

  • ※1月8日(土)・2月27日(日)・6月12日(日)・10月21日(金)・11月26日(土)・12月2日(金)・12月7日(水)の物件と同じ。

湾岸マンション群エリアの一角に建つ最後のタワーマンション。


8ページからなる、B4判の冊子タイプのマンション・チラシ。
チラシのオモテ面にバイアスのかかったキャッチコピー。

第1期申込み登録250戸即日完売の「理由」

  • お申込者の声から解き明かす! 第1期申込登録250戸即日完売の魅力!!
    • 「都心に近くて、子育てもしやすそう。通勤時間を短縮できて、子どもとの時間が作れると思った。」30台/男性
    • 「24時間営業のイオンが近くて便利。」30台/女性
    • 「運河の眺望や近くに公園などがあることに魅力を感じた。」30台/男性
    • 「面積・仕様が充実している上に、価格も希望に合っていたから。」40台/女性

実際にこれらの「お申込者の声」があったとしても、何人のうち、何人が同様の声を寄せていたのか、全体象がさっぱり分からない。
売り主にとって都合のいい部分だけが切り取られた「お申込者の声」。
消費者に何ら有効な情報を伝えていない。


はたして、通勤や買い物に便利で、面積や仕様が充実していたことが「『即日完売』の理由」なのだろうか。


「予告広告」でモデルルームに集客し、“即日完売”できる見通しが得られた段階で「本広告」を出して短期間で受付・抽選に走ることで、“即日完売”を実現できる。


「マンション・チラシの定点観測データベース」の観測事実によれば――
販売開始予定時期を「4月下旬」から「12月上旬」と、7カ月以上も延伸しているのだ(タワーマンション、発売時期を小刻みに延伸)。
「即日完売」の最大の理由は、販売見通しが得られるまで、7カ月も「予告広告」を出し続けたことだろう。


関連記事


[PR] 「売主が決して伝えない、あなたの知らない超高層マンション電子書籍

経済的に余裕のない低層階に住む住人が高い費用負担に耐えられなくなったとき、超高層マンションのスラム化は、低層マンション以上に加速する可能性があることを認識していますか。

↓ ↓ ↓

売主が決して伝えない、あなたの知らない超高層マンション

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.