不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


首都圏新築マンション市場に息切れの予兆か

販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都


本日、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所が2月15日、1月の首都圏マンション市場動向を発表。

  • 供給は13.5%減の1,372戸、大手デベの供給が一休み。
  • 契約率3Pアップの73.3%、在庫減少続き5,116戸に。

この見出しだけでは、よく分からないので、同研究所が毎月発表しているデータをもとに、首都圏新築マンション市場動向のトレンドを“見える化”してみた(右上グラフ参照)。


約2年前(08年12月)の12,427戸をピークに漸減し続けていた在庫圧縮の勢いが衰え、12月・1月と増加気味に。
m2当たりの単価は、この半年の間、微増し続けていたが、12月・1月と下降気味。
発売戸数は、12月に増加した反動で再び低迷モードに。


「大手デベの供給が一休み」というよりも、「首都圏新築マンション市場に息切れの予兆」といったところか。


関連記事

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.