不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


エコが売りのマンションは――


本日、マンション広告3枚。

【第1期予告広告】大手町駅直通7分、駅徒歩7分。総戸数47戸(管理事務室・コミュニティルーム各1戸含む)、14階建。販売戸数20戸(予定)、3LDK(64.35m2)〜4LDK(75.45m2)。予定販売価格3,998万円〜5,288万円、予定最多価格帯4,700万円台(4戸)。平成24年1月中旬竣工(本チラシ掲載日の1年4カ月後)。

幹線道路沿いに建つ、中規模マンション。


緑色を基調とした新聞半紙大のチラシ。
オモテ面には「エコ(ECO)」の文字が躍る。
数えてみたら全部で12個。
この物件が「エコミクスデザイン」を謳う「エコ○○○○○○○(=物件名)」だから、当然か。


チラシには「エコミクスデザイン」の思想がグッドデザインの新領域デザイン部門賞を受賞した旨が記されているが、受賞年度は古いせいか開示されていない。
グッドデザイン賞を運営している日本産業デザイン振興会のホームページを調べてみると、3年前(2007年度)に受賞していることが確認できる。


審査委員の評価は、「都市緑化に向けたおもしろい提案であり、CO2削減に対しても効果あり。類似の商品はあるが、エンカレッジしたい提案である」とされている。


この物件の売りは、(1)風の流れを踏まえた間取り、(2)バルコニーの緑のカーテン、(3)無垢のフローリング。
「気軽に緑のカーテン作りを楽しめるように」、バルコニーには逆梁の上部を活用した専用の花台とネット、フックが標準装備されている。


エコ好きの人向きの物件かもしれないが――いまどき床暖房のないマンション――評価が分かれるところだろう。


ただ、売主・販売代理会社・管理委託会社は、同族。無名の施工会社と相まって、この個性的な物件に手を出すには、エコ根性だけでなく、チャレンジ精神も必要だろう。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

blogram投票ボタン

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.