不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

1カ月で1戸も売れていないタワーマンション


本日、マンション広告1枚。

【第1期2次 先着順】銀座一丁目駅直通5分、駅徒歩9分。総戸数850戸、44階建。販売戸数30戸、1LDK(62.22m2)〜4LDK(145.10m2)。販売価格5,300万円〜18,700万円、最多価格帯6,500万円台(4戸)。平成21年12月9日竣工済み(本チラシ掲載日の6カ月前)。

  • ※3月27日(土)、4月3日(土)、5月8日(土)、5月22日(土)、6月12日(土)の物件と同じ。

造船所跡地の大規模再開発地区に建つ最後の超高層マンション


竣工して、はや6カ月が経過。
5月22日に出された第1期の「本広告」の販売戸数こそ102戸と多かったものの、第1期2次(先着順)の販売戸数はたったの30戸。
この第1期2次の先着順の広告が出たのは、5月29日。
だからこの1カ月足らずの間に、1戸も売れていないことになる。


念のために、この物件のホームページを確認すると、「第1期・第1期2次」の販売戸数として「32戸」と表示されている。
ということは、この1カ月足らずの間に、1戸も売れていないばかりか、「第1期」販売分102戸のうち、2戸が未契約またはキャンセルされたということではないのか。


総戸数850戸のガラスタワーの完売までの道のりは、はてしなく遠そうだ。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.