不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

首都圏新築マンション、在庫漸減・m2単価高止まり

販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都


本日、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所が6月15日、5月の首都圏マンション市場動向を発表。

  • 供給は7.1%の3,779戸。千葉以外で増加、都区部9.5%増加
  • 契約率は6.4Pアップの77.0%。価格は2.5%アップの4,663万円。

見出しには、「増」「増加」「アップ」といった景気のいい単語が並ぶ。


客観的にはどうなのか?
供給戸数3,779戸は、前年同月の3,528戸と比較すると、たしかに7.1%増ではある。
でも、08年同月の4,398戸と比較すると、▲14.1%の減だ。


「千葉以外で増加」と記されているのも、前年同月と比較する限りは、その通りだ。
でも、08年同月比でみると、区部(29.3%)と埼玉(30.5%)は増加しているが、都下(▲16.5%)、神奈川(▲52.6%)、千葉(▲23.3%)は、まだまだ減だ。


「価格は2.5%アップの4,663万円」と記されているが、価格のトレンドをm2単価でみると、いぜん高止まりしたまま。
販売在庫数は漸減するものの、発売戸数は3,000〜4,000戸の間を低空飛行中(右上グラフ参照)。


いずれも前年同月比では改善しているものの、08年同月比には及ばない。
マンション市場の回復は、もう少し時間がかかる・・・・・・。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.