不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


首都圏マンション着工数、新年度に入って大きく増加

分譲マンション着工戸数の変化(首都圏


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が5月31日、「住宅着工統計(平成22年4月分)」を公表。
4月の全国の新設住宅着工戸数は66,568戸と、前年同月比で0.6%増加。
分譲マンションなどが大幅な伸びとなったためで、前年比プラスは17カ月ぶり。


全国の分譲マンション9,668戸の約6割を占める首都圏分6,022戸の経年変化をグラフ化してみた(右上グラフ)。
新年度に入って、一気に着工数が増加していることが分かる。
ただ、2年前の水準には、まだ及ばない。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.