不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


09年マンション供給戸数、首都圏展開率ランキング

2009年発売状況


本日、マンション広告2枚。

【予告広告】銀座一丁目駅直通5分、駅徒歩9分。総戸数850戸、44階建。販売戸数102戸、1LDK(62.22m2)〜3LDK(102.23m2)。予定販売価格5,280万円〜10,970万円、予定最多価格帯6,300万円台(10戸)、7,100万円台(10戸)。平成21年12月9日竣工済み(本チラシ掲載日の4カ月前)。

  • ※3月27日(土)、4月3日(土)の物件と同じ。

造船所跡地の大規模再開発地区に建つ最後の超高層マンション


新聞半紙大のチラシを眺めていて、オモテ面の右下に次の記載に気が付いた。

  • マンション供給戸数 首都圏 第1位
    • ※2009年不動産経済研究所調べ

おやっ? 2009年のマンション供給戸数の第1位は大京ではなかったのか?


もう一度よく読むと、「首都圏 第1位」と書かれている。
おおっ、「全国」では大京が第1位なのだが、「首都圏」ではたしかにこのチラシの売主が第1位だ。
ちなみに、「近畿圏」の第1位は、藤和不動産


不動産経済研究所が発表した2009年のマンション供給戸数のおさらいをしておくと――。
「全国」での供給戸数トップ10は次のとおり。

■全国



一方、「首都圏」での供給戸数トップ10は次のとおり。

■首都圏

上記の「全国」のトップ10と、「首都圏」のトップ10をみて、さらに知りたくなった情報はないか?


そう、首都圏に注力しているデベロッパーのランキングだ。
「全国」「首都圏」にランクインしているデベロッパーについて、「全国の供給戸数」を「首都圏の供給戸数」で割った値を「首都圏展開率」として整理してみた。
「首都圏展開率」のトップ15は次のとおり(右上グラフも参照)。
第1位のゴールドクレストは、100%首都圏で展開していることが分かる。
また、全国ランキング1位の大京は、首都圏展開率47%でランキングは12位。

■首都圏展開率

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.