不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


周辺にコンビニしかない超高層マンション


金曜日、マンション・チラシ1枚。

  • 3月8日(火)、6月3日(金)、7月1日(金)、7月7日(木)、7月14日(木)の物件と同じ。

東京駅直通8分、駅徒歩8分。総戸数869戸、47階建。販売戸数未定、1LDK(55.73m2)〜4LDK(143.69m2)。販売価格3,300万円台〜1億3,800万円台。平成19年11月下旬竣工(本チラシ掲載日の2年2カ月後)。

オフィスビルの跡地に建つ、駅チカの超高層マンション
周辺をビルに囲まれているため、低層階の住戸は眺望が期待できないし、子供を育てる環境には向いていない。
共有設備に無駄のないことと相まって、そのぶん価格は低めに設定されている。ただし、超高層マンションへの憧れと、割安感に引かれて契約する人は、注意が必要だ。
近くにコンビニがあるだけなので、食料品など日々の買い物に困る。仕事帰りにデパ地下の食品売り場で晩のオカズを調達するとなると、高くつくだろう。

    • -

このように、暮らしやすい街づくりとは、程遠いところで次々と超高層マンションの建設が進められている
行政の街づくり計画とは無関係に建ち並ぶマンションに住まう人々にとって、暮らしやすい生活環境が担保されているのか―。

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.