不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


小さい注釈文字に要注意!

木曜日、マンション・チラシ2枚。

東京駅直通16分(快速利用)、駅バス11分+徒歩1分。総戸数310戸、14階建、109.85m2〜199.75m2。平成18年3月中旬竣工(1年5ヶ月後)。

「東京デズニーリゾートやイクスピアリなど、人気のレジャー&アミューズメントスポットが点在する東京ベイエリア」に建つ、平均専有面積120m2を誇る大型住戸物件。駅バス11分+徒歩1分の不便さがなければ、住戸の広さは羨ましい限りだ。
本マンションは、海岸まで約560mの距離にある。14階南側からの東京湾の眺望写真によれば、空と海の青、マンションと海岸の間に広がる緑が相まってとても美しい。
ただ、同写真の下に、とても小さな文字で「海の眺望は気候条件や季節によって異なります。また、将来にわたって約束されるものではありません」と注釈されているのが引っかかる。
前半の気候条件や季節によって、海の見栄えが変わることについて、文句をいう人はまずいないだろう。ではなぜ、このような当たり前のことを文章化しているのか。
実は後半の、眺望が将来にわたって約束されるものではないことを目立たなくするための、カモフラージュ文章なのだ。
本物件の敷地周辺の状況を主要地域の航空写真が無料で見られるホームページ(http://www.ikutoko.com/)で確認してみた。
するとマンションと海岸との間には、チラシの配置図にあるとおり、広大な緑地帯と市営公園が広がっている様子が確認できる。
問題は、マンションと市営公園の間にある広大な緑地帯にある。将来、この緑地帯にマンションが建てば、本物件の眺望は失われてしまう可能性がある。眺望目当てに本マンションを買おうとしている人は要注意だ。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.