不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


2019-07-11から1日間の記事一覧

レオパレス不良物件の判明状況の推移を可視化

レオパレス21が施工した不良物件は6月末時点で1万9689棟に拡大。 同社発表資料やマスコミ報道情報は数値データの羅列で、全体像が把握しづらいので、可視化してみた。

首都圏中古マンション市場動向(19年6月)|都心3区成約単価、足踏み状態

都心3区(千代田、中央、港)の成約単価は、18年8月にピーク(119.37万円)を記録したあと120万円を目前に足踏み状態が続いている。6月は114.07万円。

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.