不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

最大級!? 首都圏最大級マンションプロジェクト

「首都圏最大級プロジェクト」を謳う超高層免震タワーマンションの広告。

物件概要

【第1期予告広告】東京駅直通30分、駅徒歩15分。総戸数503戸、37階建+8階建て。販売戸数/未定、2LDK(58.97m2)~4LDK(104.35m2)。販売価格/未定。平成30年12月中旬竣工(本チラシ掲載日の1年3カ月後)。 

なぜ「首都圏最大級プロジェクト」なのか?

ゴマ粒サイズの注釈に目を凝らすと、「1都3県で1995年以降に販売された分譲マンションの敷地面積」が最大級であるとされている。

1995年以降に販売された分譲マンションの敷地面積では首都圏(1都3県)で最大級となります。

対象期間1995年~2016年12月15日までのMRC調査・捕捉分に基づく分譲マンションデータによる(2017年MDM1月号)データ資料:(有)エム・アール・シー 2017年2月現在。

「最大」ではなく、「最大級」という表現が引っ掛かる。

念のために確認してみよう。

住友不動産販売のサイトに、「広々敷地マンションランキング」として、敷地面積が広い物件がランキング形式で掲載されている。

23区のトップ10は次のとおりだ。

  • 1位:広尾ガーデンヒルズ(渋谷区)66,272 m2
  • 2位:ザ・リバープレイス(大田区)48,303 m2
  • 3位:東京テラス(世田谷区)45,256 m2
  • 4位:ゲートシティ大崎サウスパークタワー(品川区)42,476 m2
  • 5位:深沢ハウス(世田谷区)39,841 m2
  • 6位:東京サーハウス(大田区)36,128 m2
  • 7位:東京メガシティ(北区赤)35,188 m2
  • 8位:久我山ガーデンヒルズ(世田谷区)33,557 m2
  • 9位:東京ツインパークス(港区東)15,564 m2
  • 10位:アクアテラ(足立区)31,554 m2

※敷地面積が大きくない東京ツインパークス(旧JR汐留貨物駅跡地に立地し、約31haの国内最大級の再開発プロジェクトの一環として開発された)が9位に入っているが、住友不動産販売のサイトの表示のままとした。

上記トップ10と「首都圏最大級プロジェクト」を並べてみたのが次のグラフ。

横軸が竣工年、縦軸が総戸数、円の面積は敷地面積の大きさを示している。

1995年以降であっても、本物件の敷地面積が最大でないことが分かる。だから「最大」とは謡えない。

では、17,118m2を「最大級」と呼べるかどうかというと……微妙。

敷地面積の大きい主なマンション(1都3県)

あわせて読みたい

(本日、マンション広告2枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.