不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

マンションの床暖房の普及状況(東京vs大阪)

マンションの宅配ボックスはどのくらい普及しているのか?」と同様の手法を用いて、東京23区と大阪市の中古マンションの床暖房の普及状況を調べてみた(次図)。

東京23区のマンションの床暖房設置率は、「2013~2014年竣工」の45.8%で頭打ち。

大阪市のマンションの床暖房設置率は、「2007~2009年竣工」をピークに、年々低下している。

マンションの床暖房の設置率(竣工年別) (東京vs大阪)

ここ数年、新築マンションの価格が高騰しているので、床暖房設備がコストダウンの対象になっているのではないか。

だとすれば、住環境の向上に反する行為。残念なことである。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.