不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

インターネット賃貸広告の一斉調査報告(第2回)

首都圏不動産公正取引協議会は1月26日、「インターネット賃貸広告の一斉調査報告(第2回)」(PDF:227KB)を発表。

「おとり広告」を行っている疑いがある39社と、第1回の調査で措置対象となった32社のうち、任意に選定した13社の合計52社を調べた結果、賃貸住宅1,059物件のうち、18件がおとり広告だったという(次表)。

表3 調査物件数及び違反物件数(おとり広告)


上表データを可視化したのが次のグラフ。

インターネット賃貸広告の一斉調査結果「おとり広告」
おとり広告違反の割合が8.4%(前回)から1.7%(今回)に減少。

ずいぶん改善したなと思ったら――

几帳面な性格の人は既に気が付かれたかもしれない。

表とグラフをよく見比べてほしい。%の下一桁は、グラフに記した値よりも、発表値のほうが小さいのだ。

発表値のほうは、次式のように下二桁が切り捨てられていることが分かる。

  • 前回:78÷929×100=8.3961
  • 今回:18÷1059×100=1.6997

ここは四捨五入でしょ! まあ、どうでもいい些末な話だけど……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.