不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

新築vs中古!過去12年間の「マンション市場動向(多摩・神奈川・埼玉・千葉)」を可視化

先日のブログ記事「新築vs中古!過去12年間の「首都圏マンション市場動向」を可視化(2017年版)」で、過去12年間の首都圏と23区の新築・中古マンション市場動向を可視化した。

本日は、都下・3県(多摩地区・神奈川・埼玉・千葉)の過去12年間の新築・中古マンション市場動向を可視化してみよう。


ざっくり言うと


新築マンションのデータは、不動産経済研究所の発表資料による。また、中古マンションのデータは東日本不動産流通機構の発表資料による。

多摩地区:価格差(新築-中古)拡大、新築戸数中古を辛うじて上回る

価格差(新築-中古)は拡大。17年の価格差は2,419万円(次図)。

マンション価格推移(多摩地区)
 

16・17年の新築マンションの発売戸数は、中古マンションの成約戸数を辛うじて上回っている(次図)。

マンション戸数推移(多摩地区)

神奈川県:価格差(新築-中古)大幅拡大、新築戸数中古を下回る

価格差(新築-中古)は大幅に拡大。17年の価格差は2,719万円(次図)。

マンション価格推移(神奈川県)

 

新築マンションの発売戸数は15年以降、中古マンションの成約戸数を下回っている(次図)。

マンション戸数推移(神奈川県)

埼玉県:価格差(新築-中古)拡大、新築戸数中古と拮抗

価格差(新築-中古)は拡大。17年の価格差は2,349万円(次図)。

マンション価格推移(埼玉県)

 

新築マンションの発売戸数は14年以降、中古マンションの成約戸数と拮抗している(次図)。

マンション戸数推移(埼玉県)

千葉県:価格差(新築-中古)変化なし、新築戸数中古を下回る

価格差(新築-中古)は2千万円前後で、あまり変化していない。

17年の価格差は2,130万円(次図)。

マンション価格推移(千葉県)

 

新築マンションの発売戸数は15年以降、中古マンションの成約戸数を下回っている(次図)。

マンション戸数推移(千葉県)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.