不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

不動産大手トップの年頭挨拶にみる2018年不動産市場

不動産流通研究所は1月5日、不動産や住宅会社、関連各社トップの「2018年 年頭挨拶」をホームページに掲載。

不動産大手のトップが2018年の不動産市場をどのように捉えているのか、該当部分を抜粋してみよう。最後に「まとめ」を記しておいた。


もくじ

三井不動産 代表取締役社長 菰田正信氏

(2018年の不動産市場への言及なし) 

三菱地所 執行役社長 吉田淳一氏

好環境・大規模・タワー・複合開発等の特徴を備えた物件は堅調に推移しているという。

分譲マンション市場は、交通利便性を基礎条件として、好環境・大規模・タワー・複合開発等の特徴を備えた物件は堅調に推移している。消費者の物件を選別する目が厳しくなっているなか、「立地の見極め」や「当社グループならではの企画力」がより重要になっていると感じている。

住友不動産 代表取締役社長 仁島浩順氏

全239文字(昨年は全265文字)の挨拶は、ツイッターで済みそうだ。

新年明けましておめでとうございます。

 昨年は、戦後2番目に長い景気拡大が続いたおかげもあり、・・・今年も一年間、明るく元気に全社一丸となって頑張ろう。

東急不動産HD 代表取締役社長 大隈郁仁氏

(2018年の不動産市場への言及なし)

東京建物 代表取締役 社長執行役員 野村均氏

一部には過熱感もみられるという。

現在、不動産業界は、国内景気の回復に伴う旺盛なオフィス需要と堅調な住宅ニーズに支えられ、引き続き好調な業績を維持している。また、低金利等を背景とした不動産投資市場も活況を呈しているが、一部には過熱感もみられる

野村不動産HD 取締役社長 沓掛英二氏

適温マーケットが継続し、不動産市況が続くという予想。

第1には多くのエコノミストが予想するように好調な企業業績をベースに適温経済・適温マーケットが継続、堅調な経済・不動産市況が続くと考えられます。

三菱地所レジデンス 取締役社長 脇 英美氏

(2018年の不動産市場への言及なし)

長谷工コーポレーション代表取締役社長 辻範明氏

(2018年の不動産市場への言及なし)

大京 代表執行役社長 山口陽氏

(2018年の不動産市場への言及なし)

まとめ

2018年の不動産市場の見通しに触れているのは、9名のうち下記3名のみ。それほど今年は見通しにくい状況にあるのか……。

  • 好環境・大規模・タワー・複合開発等の特徴を備えた物件は堅調に推移(三菱地所)
  • 一部には過熱感もみられる(東京建物)
  • 適温マーケットが継続し、不動産市況が続く(野村不動産HD)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.