不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

悪質なおとり広告!著しく安い価格で3年4か月掲載

首都圏不動産公正取引協議会は8月8日に発行した「公取協通信第281号(平成29年8月号)」のなかで、不動産の表示に関する公正競争規約に違反した5社に対して、厳重警告・違約金課徴の措置を講じたと発表。

「厳重警告及び違約金」の措置は毎月5社前後で推移

今年の1月からスタートした「厳重警告及び違約金」の措置は、毎月5社前後で推移している(次図)。

「厳重警告及び違約金」措置を講じられた業者数の推移

 

今回「厳重警告及び違約金」の措置を受けた5社の広告が掲載されていたのは、自社のホームページ2件、スーモ1件、ホームズ1件、電柱ビラ1件だった(次図)。

違反件数の内訳(対象広告別)

 

違反件数の内訳をみると、今回も「取引内容の不当表示」と「おとり広告」が多い(次図)。

違反件数の内訳(内容別)

著しく安い価格で3年4か月も掲載!

今回「厳重警告及び違約金」の措置を受けた5社のうち、悪質なのはスーモに掲載されていたE社(埼玉県ふじみ野市、免許更新回数(1))の賃貸住宅「物件B」のおとり広告。

【物件B】
  • (1) 周辺相場(3,500万円前後~4,500万円前後)よりも著しく安い価格(2,780万円)で広告していること。
  • (2) 3年4か月の掲載期間に、顧客から602件もの問い合わせがあったにもかかわらず、成約に至っていないこと。
  • (3) 長期間、成約していない状況にもかかわらず、指定流通機構(レインズ)等への登録をしておらず、積極的に販売活動を行っていないこと。
  • (4) 売主が代表者の親族であること。

周辺相場よりも著しく安い価格で3年4か月も掲載されていたなんて!

このレベルのおとり広告なんて、AI(人工知能)を導入すれば簡単に排除できるのではないのか。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.