不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

野村・三菱は強気!? 17年度全国マンション供給計画

不動産経済研究所は7月31日、「全国住宅・マンション供給調査2018年版」を発表。

同発表資料の中に、「2016年度全国マンション供給ランキング上位10社と2017年度計画」の数値データが掲載されている

16年度の供給実績で5千戸を超えたのは、住友・三井の2社。

  • [会社名]16年度実績/17年度計画(16年度比増減率)
  • 1位:住友不動産 5,632戸/5,700戸(1.2%)
  • 2位:三井不動産 レジデンシャル 5,200戸/3,900戸(▲25.0%)
  • 3位:野村不動産 4,885戸/5,400戸(10.5%
  • 4位:三菱地所レジデンス 3,713戸/4,200戸(13.1%
  • 5位:プレサンスコーポレーション 2,914戸/3,000戸(3.0%)

  • 6位:大京 2,565戸/2,400戸(▲6.4%
  • 7位:大和ハウス工業 2,211戸/2,050戸(▲7.3%
  • 8位:穴吹興産 1,812戸/1850戸(2.1%)
  • 9位:タカラレーベン 1,503戸/1,600戸(6.5%)
  • 10位:京阪電鉄不動産 1,382戸/2,216戸(60.3%)

もともとの供給戸数が多く、さらに17年度に増加を見込んでいる強気なデベロッパーは野村と三菱の2社(次図)。

逆に、供給戸数が少なく、17年度に減少を見込んでいる慎重なデベロッパーは、大京と大和ハウス工業の2社。

17年度供給計画(全国マンション)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.