不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

”安全神話”に一撃!? 民泊の女性に性的暴行容疑

ネットで民泊予約した韓国人女性が、福岡市中央区のアパートの一室で性的暴行を受けたとする事件が発生。
これまで民泊は、ホストとゲストを相互に評価するシステムがあり、悪意のあるホストやゲストは排除されるから、安全性は担保されていると言われてきた。
今回の事件は、そのような”安全神話”に大きな一撃となったのではないか。


もくじ

民泊の女性に性的暴行容疑(朝日記事)

ネットで民泊予約した韓国人女性(31)が、福岡市中央区のアパートの一室で性的暴行を受けたとする事件が発生。

民泊の女性に性的暴行容疑 貸主の男逮捕 福岡

「民泊」として提供したアパートの一室で利用者の女性に乱暴したとして、福岡県警中央署は16日、自称自営業、長部聡一容疑者(34)=福岡県古賀市薦野=を強制性交致傷の疑いで逮捕し、発表した。(中略)
署によると、長部容疑者は16日午前6時30分ごろ、民泊用に借りていた福岡市中央区のアパートの一室で、宿泊客の韓国人女性(31)に性的暴行を加え、軽いけがを負わせた疑いがある。女性は旅行中の宿泊先としてインターネットでこの部屋を予約。宿泊後、韓国領事館を通じて110番通報したという。(以下略)

(朝日新聞デジタル 7月17日)

民泊の”安全神話”に一撃!?

被害者の韓国人女性は、「インターネットでこの部屋を予約」したと報じられている。

これまで民泊は、ホストとゲストを相互に評価するシステムがあり、悪意のあるホストやゲストは排除されるから、安全性は担保されていると言われてきた。

今回の事件は、そのような”安全神話”に大きな一撃となったのではないか。

ちなみに、長部聡一容疑者は、4年前に兵庫県西宮市で発生した、私立大3年の女子大生(26)が住む部屋のベランダに侵入で現行犯逮捕された会社員と同じ人物ではないか(同性同名かつ、年齢が同じ)とネット情報が飛び交っている。

福岡市”民泊ガイドライン”は機能したか?

今回事件の舞台となった福岡市は、嵐やEXILEのイベントで民泊を活用を打ち出すなど(嵐・EXILE効果?福岡市Airbnbの稼働率上昇)、民泊に前向き。

昨年11月には、”民泊ガイドライン”を発表している。

福岡市内で民泊を営むためには、善良の風俗の保持を図るための措置として、宿泊者が施設を出入りする映像を取るためのビデオカメラの設置が義務づけられている。

今後は、民泊ホストの性犯罪の前科のチェックが必要になるということはないのか?

福岡市の”民泊ガイドライン”の見直しが求められている、というかそもそも今回の事件が起きた民泊は市に登録されていなかったのではないのか。

今回の事件はAirbnbにとってイメージダウン!?

Airbnbは6月9日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立を受けて、先月からテレビCMを開始している。


この夏は、Airbnbで暮らすように旅しよう|YouTube

 

今回の事件は、Airbnbにとってイメージダウンになるのか。

 

民泊を悪用した事件として、最近報じられらのは次の2件。

  • 2017年6月 東京:「民泊」悪用し覚醒剤密輸した男女を逮捕
    民泊を悪用し覚醒剤を密輸したとして、警視庁は6月16日、無職の男女2人を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕。民泊を利用した違法薬物の輸入事件の摘発は警視庁で初めて。
    ⇒関連記事「民泊で初の違法薬物事件!

  • 2017年5月 東京:台湾人らが無許可民泊拠点に不正出金
    台湾籍の男らが無許可民泊拠点に不正出金を繰り返していたという事件。
    ⇒関連記事「起こるべくして起きた!? 無許可民泊拠点に不正出金

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.