不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

国土地理院が全国の「指定緊急避難場所」を公開

東日本大震災が発生してまもなく6年。

国土地理院が2月22日、ウェブ地図「地理院地図」上で全国の市区町村の「指定緊急避難場所」を閲覧できるサービスを開始。

いざという時のために使い方を確認しておこう。

全国各地の「指定緊急避難場所」を閲覧する方法

まず、国土地理院のホームページを開き、「地理院地図」をクリックする(次図)。

国土地理院HP

 

地理院地図が開いたら、(1)「情報」、(2)「情報追加/ベースマップ切替」、(3)「指定緊急避難場所」の順にクリックしていく(次図)。

指定緊急避難場所

 

「免責事項・ご利用上の注意」のウィンドウが開いたら、「OK」をクリックする(次図)。 

指定緊急避難場所

 

「指定緊急場所」のウィンドウが開いたら、「地震」をクリックする(次図)。

指定緊急場所
 

調べたい場所を検索窓に入力(例:勝どき)すると、地名の候補が表示されるので、表示したい地名(例:中央区勝どき)をクリックする(次図)。

調べたい場所を検索窓に入力
 

指定緊急避難場所のシンボルマーク(緑色の人の形)をクリックすると、避難場所・住所が表示される(次図)。

避難場所情報

 

ちなみに、中央区は「地理院地図」上に指定緊急避難場所のシンボルマークが表示されているが、江東区や台東区などは表示されていない(次図)。

避難場所情報の有無

 

指定緊急避難場所データ 市町村別公開日・更新日一覧」を見ると、江東区は未だ同データを国土地理院に提出していないことが分かる(次図)。

避難場所情報の有無のリスト

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.